【関係最悪の原因は?】過去と戦う韓国、日本の協力を無視

 

「ホルホル」という言葉が日本語になるほど、韓国の人たちは自国や自分たちをよくほめる。
韓国人が誇りに思うことはたくさんあるけど、1960年代後半からはじまった「漢江の奇跡」と呼ばれる経済成長はその代表例だ。

きのうの朝鮮日報のコラム(2019/06/09)でも、こんなふうにホルホルってた。

大韓民国の歴史で最も誇らしい事実は世界の最貧国が世界10位圏内の国になった奇跡である点に誰も異議はないだろう。

政権博物館と化す大韓民国歴史博物館

 

いまの韓国はこの奇跡的な経済成長を土台にしている。
日本にも戦後の高度経済成長を誇りに思う人がいるけど、誇りの度合いでは韓国人にはかなわない。
そのせいか韓国紙はよく、「世界10位圏内の国」という表現をつかう。
実際の韓国は世界10位以下なのだけど、正確な順位は書かず、こうやってぼかした表現にする。
「世界10位」と書いたほうが、読んでいる方も誇らしい気持ちになるからだろう。

 

このように世界最貧国だった韓国を先進国圏内の国にしたのが「漢江の奇跡」だった。
韓国の発展を象徴するものにソウル地下鉄がある。
当時の首都ソウルには、人々を大量輸送できる交通機関が必要だった。
それで1974年8月15日に、韓国初の地下鉄であるソウル地下鉄1号線が開通。
あ、いまフラグが立ちましたよ。

前回の記事で、ソ・ヒョンというソウル大学建築学科の教授が書いた中央日報のコラム(2019年06月07日)を紹介した。
そのなかでこのスペシャリストが韓国の地下鉄を絶賛している。

檀君以来、大韓民国最高の造形物は何かを挙げるとき、地下鉄を忘れてもらっては困る。ソウルに地下鉄がなかったら、韓国現代史も別のものになっていただろう。ソウルに地下鉄がなかったら、韓国現代史も別のものになっていただろう。

地下鉄で臭いがしたら=韓国

 

このコラムには、ソさんが留学生だったときに乗ったニューヨークの地下鉄について書いてある。
数十年前のニューヨークの地下鉄だと思うけど、地下鉄構内には「あなたを目的地まで乗せてくれる。だが、それ以上は何も期待するな」という一文があったという。
ソさんが地下鉄を利用したらまったくそのとおり。
臭いや振動がすごいし、夜は犯罪者に襲われる危険性もあった。

でも世界には、そんなニューヨークとはレベルのちがう国があったらしい。

これに比べて韓国地下鉄は安全度でも世界最高だ。(中略)ニューヨーカーには理解できないだろう

これをホルホルと言う。

 

韓国では終電に乗った若い女性が不安に思うことは、「カメラの盗み取り撮影」ぐらいらしい。
韓国の地下鉄はすばらしいから、もし地下鉄で臭いがしたとしたら、「それはあなたの足の臭いだ」という決めゼリフで教授はコラムを終えている。

よく分からない結論だけど、とにかく朝鮮日報と中央日報のコラムで下の2点が分かった。

大韓民国の歴史で最も誇らしい事実は「漢江の奇跡」ということ。
大韓民国最高の造形物は「地下鉄」ということ。

これをおさえて、今回のオチに進もう。
戦後最悪と呼ばれるいまの韓日関係悪化の原因は韓国側にあって、それは日本の協力を無視から。

 

 

ちょいと余談

「韓国地下鉄は安全度でも世界最高だ」というホルホルを否定するつもりはないのだけど、2003年に韓国のテグ市で192人が死亡、148人が負傷する地下鉄の大惨事があった。
くわしいことはここを。

大邱地下鉄放火事件

もちろんこの事件は例外中の例外。

 

焼けたテグ市地下鉄のコインロッカー

 

さて、きょうの中央日報にこんなコラムが載っていた。

「1945年以前の日本」との戦い、もう終える時=韓国

韓国はまだ戦前の日本と戦っていたらしい。
日本が韓国を統治していたころに、日韓が戦った事実はないというのに。
ということはこの戦いは、1945年に韓国が独立を回復したときからはじまったのだろう。

最悪といわれる韓日関係とは反対に、いまの日米関係は蜜月。
先月日本を訪れたトランプ大統領は安倍首相といっしょに海上自衛隊の護衛艦「かが」に搭乗して、韓国は大きなショックを受けた。
かつて敵同士だった日本とアメリカのトップがそろって護衛艦に乗って、トランプ大統領は「日本は米軍が信頼するパートナー」と言う。
しかも「かが」という名前は、太平洋戦争の始まりとなった真珠湾攻撃で使われた日本海軍の空母「加賀」と同じ名前だ。
そんな因縁のある艦船に米大統領が搭乗して日米の絆をアピールしたのだから、韓米日の同盟関係のなかで、どこかの国が完全に置いてきぼりになってしまった。

日本との戦いをとっくの昔に終えているアメリカを見て、中央日報は危機感をおぼえた。
戦前の日本と戦うことをやめて、韓国も日本との関係を改善させようと訴える。

日帝植民地のトラウマから抜け出して自信から取り戻す必要がある。ウィンストン・チャーチル(第2次世界大戦当時の英国首相)の警句のように、過去と現在が戦って未来が壊れるように放置してはいけない。

 

日韓の歴史問題は1965年と2015年の2回の合意でもう解決しているから、トラウマから抜け出すかどうかは韓国が一人でがんばればいい。
でも日本のネットを見ると、気づくのが遅ぎたようだ。

・これからは日本の攻撃ターンだろ。
70年間な。
・相手を怒らせてからじゃ遅いよ
・現状が、よっぽどヤバいんでしょうな~
・ムンジェイン保有国は最強だ。
余計なことは考えず、ホルホルして気持ち良くなろう。
・まあこう言いながら、手の平返す

国家間の大事な約束を2度も破ったのだから、これぐらい言われてもしかたない。

トラウマは別として韓日関係であれば、これまでの韓国政府が事実を隠さず国民に伝えていたら、ここまで悪化していなかったはず。
現在が過去と戦って、未来が壊れるような危機も招かなかったはずだ。

 

大韓民国の歴史で最も誇らしい事実は「漢江の奇跡」ということはさっき書いた。

人間が起こす奇跡にはタネと仕掛けが必要で、韓国の経済成長の影には日本の協力があった。
1965年に日本が韓国と国交を結んだとき、請求権協定を結んで、日本は韓国に5億ドルという巨額の経済協力金をわたしている。
この資金の他にも、日本人は韓国にさまざまな技術指導をした。
これが奇跡のタネだ。

「世界の最貧国が世界10位圏内の国になった奇跡」の主人公は韓国人だけど、その資金を提供した日本の存在を無視しないでほしい。
陰で汗を流した日本人をいなかったことにはしないでほしい。

 

大韓民国最高の造形物は「地下鉄」ということは先ほど書いたとおり。
これも日本の資金援助や協力があってのことだ。

日本の技術協力により建設され、開業当時の電車は全て日本製であった。地下鉄建設に日本は8,000万ドルの借款を供与し、長期にわたり現地指導、および日本国内研修を実施してきた

ソウル地下鉄

もしソウル地下鉄に乗るときがあったら、運転手が「指さし確認」をしているか見てほしい。
あの確認法は日本のやり方だ。

 

さて、フラグを回収するときがきた。

ソウル地下鉄の開通式がおこなわれたのは1974年8月15日だった。
この日は日本にとっては終戦記念日だけど、韓国では独立を回復した記念日になる。
日本が戦争に負けた8月15日になったのは、偶然であるはずがない。
日本の協力によって韓国初の地下鉄が完成した式典に、韓国側は1人の日本人も招待しなかった。

韓国にくわしいジャーナリストの黒田勝弘氏はこうなげく。

地下鉄一号線の建設には日本の経済協力資金が投入され日本の技術者が多数加わったが、完成式に日本人は招かれなかった。こうした韓国に対する過去補償的な日本からの経済技術協力はソウル地下鉄をはじめ韓国発展の基礎になった。しかし、“日本隠し”によってこうした事実は韓国ではほとんど知られていない。残念なことだ。

「‘日本離れ’できない韓国 (黒田勝弘)」

本当に残念なことだ。

 

戦前の日本から受けた被害はくり返し伝えるけど、戦後の日本から受けた協力は隠す。
過去の政府やマスコミが闇と光を国民に伝えていたら、いま韓国は、日本との関係でこれほど悩む必要はなかった。
日本の貢献を無視し続けてきたから、いまごろになって「『1945年以前の日本』との戦い、もう終える時」と言わないといけなくなった。

旭日旗を受け入れた中国はすでに終えている。
くわしいことは中央日報の記事をどうぞ。

中国に旭日旗掲げた自衛隊艦艇入港…日中関係改善をアピール

 

 

このプレートはタイの首都バンコクの地下鉄にあったもので、日本の協力に感謝の気持ちを伝えている。
タイを旅行する人のブログを見ると、ときどきこれが出てくる。
感謝には感謝で応えるのが日本人のふつうだから。

韓国のばあい、開通式はもう終わってしまったから、もうどうしようもない。
でも、日本の貢献をプレートに刻んで、市民に見せることはいまからでも可能だ。
タイでできることがなんで韓国ではできないのか?

その理由は韓国が反日から抜け出せないから。
戦争が終わってから74年間、日本と戦い続けてきた国だから。

しかし我々を支配するのは「1945年以前の悪い記憶」だ。(中略)痛恨の歴史が外交懸案としてよみがえった。我々はいま「1945年以前の日本」と戦っている。

「1945年以前の日本」との戦い、もう終える時=韓

「最後の日本兵」といわれた小野田寛郎でも1974年に戦いをやめたというのに。

 

こんな国で、首都の地下鉄に”敵国”の協力に感謝するプレートを設置したら、「親日行為だ!」と騒ぎになって、責任者はぶっ叩かれてプレートはすぐに破壊されるにきまってる。
「過去の日本と戦うことはもう終えよう」と呼びかけているのは韓国の国益からで、そのコラムでも日本から受けた支援については一文字も書いてない。

韓国は日本との国交を回復し、ばく大な経済協力金を受け取って、奇跡のような経済成長を可能にした。
なのに韓国はいまでも、「許しをあたえる側にいる」とかん違いしているようだ。
いま日本と韓国の関係は戦後最悪と言われているけれど、その大きな原因は韓国側の態度にある。

でも、過去の亡霊と戦っているのは韓国だから日本には関係ない。
原爆投下や東京大空襲といった過去を乗り越えた日本は朝鮮半島を眺めているだけでいい。

 

日本の支援を伝えるカンボジアのキズナ橋
韓国でこんなことをしたら、きっと責任者が処罰される。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • おっしゃるとおりです。
    それと韓国人は、日本経済のV字回復は、朝鮮戦争のおかげだという論調も大好きですよね。

  • そうです。
    日本の経済成長は朝鮮戦争の特需ということをよく言います。
    それで韓国は独立を維持できたわけですが。
    そういえば、漢江の奇跡がベトナム戦争の特需である視点は、韓国の記事では少ないですね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。