慰安婦像問題⑥韓国にとってのアメリカとは(朝鮮戦争)?


 

最近ニュース

日韓の関係が悪化した!

そ~んなニュースばっかり見てたから、こんな記事に心が温まる。

高1が涙、道に散乱した紙拾い集め 鴻巣署が感謝状…見ないふり辛い

見て見ぬふりをして通り過ぎる自分を受け入れられず、
後先のことを考えずに一心不乱に集めた行動は、周囲の心を揺り動かした。

自転車で通学している湯本さんは昨年12月21日夕方、鴻巣市屈巣の県道を通りがかった際、 新聞紙や折り込みチラシが半径約3メートルにかけて大量に散乱しているのを目の当たりにした。
一度はそのまま通り過ぎたものの、「何もしていない自分に辛くなった」と戻って来た。

当初は古紙を自転車の前かごに積んで自宅に持ち帰ろうとしたが、収まり切れない。 約500メートル離れたコンビニエンスストアへ行き、ごみ袋を買って戻り、再び拾い集めた。

現場は交通量の激しい通り。湯本さんは青信号になるたびにひたすら拾い続けた。

午後5時20分ごろ、同署に「女子高生が落とした荷物を一人で拾っている。かわいそうだから助けてほしい」と連絡が入った。
署員が駆け付けると、すでにごみ袋3袋分、計10キロの古紙が回収されていた。
持ち帰り方法を考えていた矢先に署員が到着。安心した湯本さんの目からは涙が流れた。

 

良い話なんだけど、まわりの人たちは手を貸さなかったということかな?

 

いつか韓国と北朝鮮の統一を!

 

では、さっそく前回の続きどすえ。

韓国が北朝鮮から攻め込まれて、朝鮮戦争が始まった!
というところから。

念のため、朝鮮戦争とはこんな戦争のことでしたね。

朝鮮戦争

1950~53 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から大韓民国(韓国)への侵攻で始まった戦争。北朝鮮軍に対し、アメリカ軍を中心とした国連軍が韓国を支援して介入(かいにゅう)した。

戦況が逆転して国連軍が鴨緑江(おうりょくこう)にせまると、中国が人民義勇軍を派遣して、のち38度線を挟んで戦局が膠着(こうちゃく)した。1953年に休戦協定が結ばれ、国家の弁列は固定化された

(世界史用語集)

 

北朝鮮軍に攻め込まれた韓国軍は退却に退却を重ねて、釜山のあたりにまで追い詰められてしまった。

このときの韓国の領土は、実質的に下の地図の「最終防衛線」の内側だけ。

もう、朝鮮半島のほぼすべては北朝鮮のものになっていて、韓国は地球上から消える寸前。

 

画像は、「韓国の中学校歴史教科書 明石書店」から。

このとき大韓民国の領土は、釜山から大邱(テグ)のあたりまでしかなかった。

 

 

でもこのときの韓国を救ったのが、アメリカ軍を中心とする国連軍。

国軍と国連軍は仁川上陸作戦をきっかけに反撃を試み、1950年9月28日にはソウルを取り戻し、この機会に統一を実現するという考えから共産軍を追って北韓に進撃した。

(韓国の中学校歴史教科書 明石書店)

 

今度は逆に、韓国が「もうちょっとで北朝鮮を滅ぼして、朝鮮半島を統一できる!」というところでいく。

でも、中国軍登場。
中国軍は北朝鮮を支援して、韓国軍や国連軍と戦う。

国軍と国連軍が鴨緑江まで進撃して統一を目前にしたが、中共軍の介入で退かざるをえなかった。

(韓国の中学校歴史教科書 明石書店)

 

この戦争は休戦となって、現在の韓国と北朝鮮が生まれることになった。
休戦ですよ、休戦。
だから、韓国と北朝鮮は今でも戦争中ですよ。

それと同時に、「韓国とアメリカ」「北朝鮮と中国」という深い結びつきも生まれた。
最近は、北朝鮮と中国の関係はあんまり良くないみたいだけどね。

 

でも、韓国とアメリカの結びつきは強い(たぶん)。

そもそも、朝鮮戦争が始まった大きな原因は、韓国からアメリカ軍がいなくなったことだった。

この頃、韓半島に進駐していたアメリカ軍が撤収し、韓半島をアメリカの極東防衛線から除外するという発表もあった。北韓の共産主義者は、このような情勢を利用し戦争を準備した。

(韓国の歴史 明石書店)

 

「アメリカが朝鮮半島から出て行ったら、韓国は北朝鮮軍に攻め込まれる」
この考えは、今の韓国にも強くある。

というか、これが韓国の安全保障の基本的な考え方だと思う。

 

 

ところで、「国連軍」という言葉に違和感を感じませんでしたか?

以前、ボクはこんなことを考えていた。

「国連は戦争を認めていない。禁止している」

だから、国連軍という軍隊があることを知ってビックリした。

実際には国連は戦争を認めているし、朝鮮戦争のときには国連軍として戦争に参加している。
でも、国連にそんなイメージがなかったから、ボクにはこれがかなり意外。

 

それはともかくとして、朝鮮戦争で共に戦ったことで韓国とアメリカは深い絆で結ばれる。
そしてその延長に、現在の韓米関係がある。

 

そんな韓国は今、アメリカをどう見ているのか?

ソウルと釜山に慰安婦像が立ってしまって、日本との関係はかなり悪化してしまった。
そうなると韓国としては、こんなことが気になってくるはず。

「アメリカは、この問題をどう見るのだろう?」
「日本と韓国のどっちの味方になるんだろう?」

きっと、夜も寝られないほどね。

そのことを、次回に書いていきたい。

 

 

おまけ

この記事で出てきた「仁川上陸作戦」について、今の韓国人はどう考えているのか?

東亜日報の社説にそのことが書いてある。

仁川上陸作戦を考える

今日は、国連軍が仁川(インチョン)上陸作戦に踏み切って55周年に当たる。この作戦が成功していなかったら、大韓民国は共産化の運命に呑みこまれたことだろう。

1950年の今日、国連軍司令官のダグラス・マッカーサー(1880〜1964)将軍は、約200隻の艦艇と7万人余りの兵力を率いて仁川に上陸、洛東江(ナクドンガン)まで進撃していた北朝鮮軍の背後の兵站線を遮断することに成功した。

一触即発の赤化の危機状況で、一気に大勢を逆転させた国連軍は、ソウルを奪還し、逃げ出した北朝鮮軍を追撃し、鴨緑江(アムノクカン)まで進撃した。

しかし、中国共産軍の参戦で後退せざるを得なくなり、戦争は痛恨の分断とともに終焉した。これが仁川上陸作戦であり、朝鮮戦争である。

 

仁川には、この作戦の記念館がある。

画像は、KONESTの「仁川上陸作戦記念館 」から。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国 「目次」

韓国の新聞の特徴②日韓関係が悪くなると慌てる(釜山の慰安婦像)

恋愛事情にみる韓国人との違い①日本人の男は情けない!?

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す