2019年、世界で最も住みやすい都市。東京と大阪は何位?

 

いま世界で最も住みやすい都市はどこか?

イギリスメディア「エコノミスト」が発表したベスト5は以下のとおりだ。

1位:ウィーン(オーストリア)
2位:メルボルン(オーストラリア)
3位:豪シドニー(オーストラリア)
4位:大阪
5位:カルガリー(カナダ)

これを見て分かるように、残念ながら日本はランク入りできなかった。
あ、大阪があった。日本の都市で唯一、世界のベスト5に食い込んでいる。
7位は東京だから、全体的にみて世界での日本の評価は高い。
日本の都市は教育、治安の良さ、道路や鉄道などのインフラで高い評価をうけたけど、文化活動や環境保護の取り組みではポイントを落とした。

1位のウィーンは何がいいのか?
ウィーンに10年以上住んでいるアメリカ人女性は、「ゆっくりしたペースが気に入っている。静かで清潔で豊かな文化がある。欧州や米国でこれほど安心できる街はない」と話す。
ウィーンではキリスト教の影響が強いから、日曜日にお店が閉まってしまうけど、これには休息や私生活を大切にするという価値観が表れているという。

でも、日本の生活に慣れた人がそういうところに行くと、カルチャーショックをうける。
オーストリアの隣国ドイツに住んでいる日本人女性が日曜日に掃除機をかけていたら、「うるさいからやめてほしい」とご近所から苦情を言われてしまった。
ドイツ人はわりとハッキリものを言うらしい。
その日本人は、そんなドイツの文化に驚いたとブログに書いていた。

この話を知り合いのドイツ人にしたら、「田舎ならそうだろうな」と納得。
彼が住んでいたところがまさにそんな場所で、日曜日に掃除機や洗濯機を使うと3軒先までその音が響くらしい。
だから日曜日は、できるだけ音をたてないように静かに過ごす。

これをどう評価するかは個人の価値観による。
「休息や私生活を大切にする」という人もいるけど、ボクにはきっと退屈地獄。

 

ちなみに、世界で最も住みにくい都市のトップ3は以下のとおり。

3位:ダッカ(バングラデシュ)
2位:ラゴス(ナイジェリア)
1位:ダマスカス(シリア)

くわしいことはアメリカCNNニュース(9/5)をどうぞ。

世界の「住みやすい都市」ランキング、ウィーンが2年連続トップ

この記事へのネットの反応を見たら、やっぱり「日本すげえ」の声ばかり。
ということなくて、「東京 vs 大阪」のバトルがぼっ発していた。

・東京は広すぎるんだよ
人が多くて電車混みすぎ
大阪はコンパクトだし、東京にあるものはほとんどある
・大阪に負けた気分はどうや?
・大阪人のいない大阪は住みやすそう
・東京の人、道聞いても答えないやん
・大阪は巨大な田舎だからな
昭和感がすごいある
・金があるなら東京が良いけど、ないなら大阪が住みやすいのは間違いない

東京と大阪が「環境保護の取り組み」の評価がイマイチだったのは、コンビニやスーパーでビニール袋を使っていることが影響したと思う。
治安の良さで評価が高かったのはさすがニッポン。

 

おまけ

世界で最も住みにくい都市の第3位、ダッカ(バングラデシュ)

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ。

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。