旅㉒韓国の食文化:日本由来のキンパプと「下品な」おにぎり

 

今はセントレア空港の中にいる。

大連(中国)いきの飛行機のチケットは手に入れた。
でも、出発にはまだ時間がある。

ということで、日本で最後のご飯を食べに行こうと思う。

日本での最後の晩餐(ばんさん)なら、やっぱり日本食でしょ。
それもなるべく日本的で、できるだけ安いものがいい。
ということでおにぎりに決定。

さっそくセントレア空港にあるコンビニへとむかった。

 

 

前回、日本の食文化である「おにぎり」についてかいた。

日本の食と歴史にくわしい樋口清之氏によると、日本人がおにぎり(にぎり飯)をつくりだした理由は「米の保存」にあるという。

それを防ぐために生まれたいちばん素朴な方法が、‘握り飯’である。握り飯をつくると、外側は空気に接触するから、かびが生えたりするが、中は腐らない。

そこで、握り飯の表面に発酵作用を止める塩をまぶしたり、ミソで包んだり、あるいは焼いて表面を炭化させておく方法を考えついた。

「梅干と日本刀 樋口清之」

 

この握り飯の考え方の延長に「お餅(もち)」がある。
つまり、にぎり飯(おにぎり)と餅は同じ考え方から生まれているという。

 

中国や韓国(朝鮮半島)でも、人々は昔からお米を食べていた。
でも、おにぎりをつくって食べるという食文化は生まれなかった。

この前は、おにぎりについての中国人の見方を紹介した。
ということで今回は、「韓国人からみたおにぎり」ということについて書いていきたい。

 

トッポギは韓国人にとって安くて身近な食べ物。
日本人にとってのおにぎりのようなもの。

 

今の韓国のコンビニでは、「三角キムパプ(三角おにぎり)」を売っている。

でもこのように、コンビニの商品におにぎりが定着したのは2000年のころからだという。
だから新しい食べ物ではある。

 

でも韓国には、その前から「チュモクパプ」や「キンパプ(キンパッ)」という食べ物はあった。

チュモクパプ

チュモクパプとは「チュモク(にぎりこぶし)+パプ(ご飯)」のこと。
上の写真がそれ。

 

キンパプはご飯をノリで巻いて食べるという食べ物で、日本でいうのり巻きのこと。

キンパプは、もともと日本から朝鮮半島につたわった食べ物だ。

日本の海苔巻きに由来し、日本との行き来が盛んになり始めた19世紀末から韓国でも日本の海苔巻きが食べられ始め、韓国併合以降の韓国半島で、ごま油を使うなどのアレンジが加えられ派生したものである。

(ウィキペディア)

 

だから韓国でも、むかしはキムパプとは言わずに「ノリマキ」と日本語で言っていた。

でも、韓国が日本の統治から解放された後に事情がかわる。
「ノリマキ」ではなくて「キムパプ」と呼ばれるようになって、今ではキムパプとして韓国人のあいだに定着している。
韓国人のなかでも、キンパプが日本のノリマキだったことを知らない人は多いと思う。

のり巻きだけど韓国では酢をいれないで、その代わりにノリにゴマ油をぬっている。
韓国人はゴマ油が大好きだからこうするらしい。

日本ののり巻きに独自の変化をくわえることによって、韓国のキンパプという食べ物になった。

 

ソウルの広蔵市場(カンジャンシジャン)。
韓国の庶民っぽさが感じられる場所。
でもボクが行ったときは、人が多くて座ることができなかった。
韓国人に言わせるとここの食べ物はちょっと高めらしい。

 

ソウルの広蔵市場には、「麻薬キムパプ」という有名なキムパプキがある。

「麻薬のように、一度食べたらやめられなくなるほどおいしいキムパプ」ということらしい。

でも友人の韓国人に言わせると、今ではそれほど有名でもないらしい。

「最近では、おいしいキムパプがたくさんありますからね。麻薬キムパプも悪くはないですけど、大したことないです」

とそっけなく言う。

それにしても、食べ物の名称で「麻薬」という言葉を使うところが日本人の感覚とはちがうと思う。

 

コマキンパッ (麻薬キンパッ)

韓国の情報サイト「ソウルナビ」から。

 

ということで、韓国には日本のような三角のおにぎりはなかったけれど、チュモクパプやキムパプという食べ物はあった。

でも、韓国ではおにぎりは嫌われていた。
中国人とおなじように「冷たいご飯は食べたくない」という考えがあったことにくわえて、韓国ではおにぎりに対して悪いイメージがあったから。

ウィキペディアにはこうかいていある。

中国や朝鮮半島では「炊いた飯は温かい状態で食べるもの」という意識が強く、おにぎりなどの冷や飯というものに対し「施しを受けた下賤な者が仕方なく食べる物」「やむを得ない場合の携行食」といった悪いイメージが強く根付いており

 

「下賤な者が仕方なく食べる物」

これはずい分ひどい表現だ。
日本中のおにぎりは激怒していい。

 

でも、韓国に精通したジャーナリストの黒田勝弘氏もコラムでこう書いている。

オニギリを意味する「チュモクパプ(つまり、げんこつ飯)」では絶対に売れない。「チュモクパプ」は下品(?)で貧しさと非常食のイメージを抜け出せないからだ。

<随筆>◇キムパプ(ノリ巻き)礼賛論◇ 産経新聞 黒田勝弘 ソウル支局長

 

韓国では、おにぎりについて「下品で貧しい」というイメージがあったらしい。
今でもチュモクパプなら、このイメージがあるのではないかと思う。

 

 

韓国人のあいだでは、チュモクパプに対して「下品で貧しい」という悪いイメージが定着していた。

それでもコンビニでおにぎりを売ろうと考えた人(日本人かも)が、「チュモクパプ(げんこつにぎり飯)」という名称を「三角キンパプ(のり巻き)」にして売り出した。

するとこれが韓国人に大うけする。

これが今に続く韓国でのおにぎり人気につながる。

続きは次回に。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

旅㉑おにぎりをめぐる日本と中国・韓国の食文化のちがい

イギリスという国とは?階級社会・日本の平等・アメリカ人との違い

満州の旅②東南アジアのルーズな時間感覚!ゴムのようにのびる。

満州の旅⑦空港でビックリ!平気で下着を見せる中国人女性

中国を知ろう! 「目次」 ①

 

ツイッターしてまんがな。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。