“韓国好き”だった菅官房長官が、急速に“嫌韓”へ傾いた理由

 

「始まる前に終わってる」というのが近くおこなわれる自民党総裁選で、次の日本の首相はいま官房長官をしている菅氏であることはもう見えている。
ということで関係改善を切実に願う隣国のメディアは、菅官房長官について、日々いろんな情報を国民に伝えている最中だ。

なかにはボクにも初耳の情報があって、下の中央日報のコラム「グローバルアイ」(2020.09.13)によると、菅官房長官はもともとは韓国好きで親近感があったらしく、韓国の要人に会うと、参鶏湯(サムゲタン)を食べたり済州島で休みを過ごした話など韓国の話題をよく出していたという。

韓国に対する菅氏の愛情が一気に冷めたのは、文政権の“裏切り”を見たとき。

韓国に対する感情が急速に悪化したのは慰安婦合意が白紙化の危機に置かれてからだという。政界事情に明るいある消息筋は「慰安婦合意議論で韓国に対し相当に腹が立った状態」と話した。

侮れない首相菅義偉

それとは別で、なんで侮れると思ったのか。

 

日韓最大の外交問題だった慰安婦問題は、2015年の日韓合意で最終的・不可逆的に解決したのは世界が知るところ。
このとき菅官房長官には“不安”があったらしく(のちに的中)、「アメリカを証人として立てるべき」と提言しアメリカの歓迎声明を引き出した。

日韓が話し合いを重ねてこの問題を解決したことを国際社会は歓迎し、アメリカのほかドイツ、オーストラリア、イギリス、カナダ、シンガポール、国際連合、欧州連合などもこの合意を支持する声明を発表した。

 

大仕事を終えた日韓の外務大臣

 

日本と韓国の外務大臣が世界に向けて発表し、アメリカ政府が証人となって、各国が歓迎したこの合意を破ることはさすがに不可能だ。
と日本政府や菅官房長官はこのとき思ったに違いない。

でも、反日で国民の支持を集める文大統領がこの合意を破るようなことを言い出して、きょねん実質的に破棄してしまった。
このあたりから菅官房長官は韓国メディアにはオフレコを含めて、韓国の話題を出さなくなったという。
済州島でのバカンスやサムゲタンの話をしていた、あの日の菅官房長官は消えて急速に“嫌韓”へ傾いていく。
中央日報のコラムに、韓国は『アウトオブ眼中』だったと書いてある。

「アウトオブ眼中」は日本語由来の韓国語だけど、これは「親日行為」にならないのか?

 

でも実際、この間の韓国はひどかった。
日本からお詫びと10億円を受け取っておいて、自分たちは合意を守ることなく(慰安婦像を撤去せず)、文政権は一方的に合意を破棄する。
そのうえで日本にまた謝罪を要求するのだから、これには菅官房長官だけでなくて、日本政府や国民が「韓国に対する感情が急速に悪化した」「韓国に対し相当に腹が立った状態」となったはずだ。
文大統領が慰安婦合意を破棄すると言い出したあと、日本で韓国を嫌悪する空気は間違いなく高まった。

 

そんな韓国はいま、「7年9カ月ぶりの日本の首相交替を控え韓日関係改善を期待する声が高い」とコラムにある。
日韓合意を空中分解させて、新首相を失望、嫌悪させた自覚はまったくなさそう。
ワクワクしてるだけで具体的に動かなかったら、関係改善なんて無理にきまってる。

菅新首相には、つつしんでナポレオンのこのことばを進呈したい。

「約束を守る最上の方法は、決して約束しないことだ。」

これなら裏切られることはない。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。