タイ人が牛肉を、イスラム教徒が豚肉を食べない理由:観音様とハラール

 

タイのマクドナルドには「サムライ」がいる!
ということを前に書いたのですよ。

マックのサムライ・バーガー。タイでの日本のイメージとは?

 

まぁ、サムライポークバーガーってメニューがあるだけなんですけどね。

 

このサムライバーガーとは日本でいうテリヤキバーガーのこと。
照り焼きソースとパティで豚肉を使っている点では日本と同じなんだが、ポークを選んだ理由が違うらしい。

タイ(特にバンコク)では牛肉を食べない人がたくさんいるから、そうなったとか。
旅行でお世話になったタイ人の日本語ガイドが言うには、「牛肉を食べない人でも食べられるハンバーガーを提供したい、とマクドナルドが考えたんですね。それで生れたのがサムライポークバーガーです」と話す。

 

ヒンドゥー教徒ならともかく、牛肉を食べられないタイ人がたくさんいるというのは初耳。
それで意外な気がしたけど、タイ人男性と結婚した日本人もこう驚いている。

私も詳しい方ではないですが、牛肉を食べないとされている宗教は知っていました。ただタイに来て驚いたことは、仏教徒で牛肉を食べませんという方が多くいることです。

中華系タイ人は牛肉を食べない?牛肉を食べない変わった理由とは?

 

何を食べていいのか?いけないのか?

それはその人が信仰する宗教の教えによって決められていることが多い。

学校ではヒンドゥー教徒の牛肉のほかに、イスラーム教徒の豚肉タブーも教わったと思う。
イスラーム教の教えで豚肉の摂取は禁止されていて、聖書クルアーン(英語読み:コーラン)にはこう書いてある。

あなたがたに禁じられたものは、死肉、(流れる)血、豚肉、アッラー以外の名を唱え(殺され)たもの、絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き殺されたもの、野獣が食い残したもの、(ただしこの種のものでも)あなたがたがその止めを刺したものは別である。

ハラールとは

 

イスラーム教徒が食べられるものを「ハラールフード」という。
ハラールは「許されている」という意味のアラビア語で、反対のハラームは「禁止された」の意味。

牛肉を食べることのできないタイ人にとっては、豚肉のサムライバーガーは「ハラールフード」になる。

 

浜松市のスーパーにあったハラールマーク

 

タイで牛肉を食べない人は珍しくないらしい。

ボクが日本で知り合うタイ人の中にも、「私は牛肉が食べられません」「できれば牛肉は食べたくないです」と言う人がけっこう多いのだ。

気になるのはその理由だ。
質問したタイ人によって答えがちがうのだが、牛肉を食べない理由として共通していたのは「観音様に関係している」ということ。

このことについて、農林水産省のレポート(P.47)には次のようにある。

タイでは、観音信仰を持つタイの仏教徒は、牛を食べないといわれる。これは、観音様の出家を反対した観音様の父親が、生まれ変わって牛になったと信じられているからで ある。つまり、観音様の父親に敬意を表して食べないということがある。

タ イ 編

 

こうなると牛肉を食べることは、観音様の父親を食べることにつながってしまう。
だからタイ人は牛肉を食べないという。

「牛=観音菩薩の父親」説以外にも、タイ人のガイドはこんな話をする。

「観音様の乗り物は牛なんです。だから観音菩薩を信仰するタイ人は牛肉を食べられません。中国系のタイ人に多いですね」

先祖に中国人がいるというタイ人は多く、特にバンコクには中国系タイ人がたくさんいる。
知人のタイ人は中国人とベトナム人のハーフで肌が白くて、初めて会ったアメリカ人が「あなたは日本人?」と質問するほど。
もちろんこのタイ人も牛肉はNG。
こういう人のためにタイのマクドにはサムライが必要になる。

 

このほかにもバンコクに住んでいた日本人に話をきくと、「いやいやいや。タイの牛肉って、日本と比べたら全然おいしくないんですよ。単純に味が理由と思いますよ」と言う。
このへんの理由ももともと牛肉を食べる習慣がなかったから、おいしい牛肉を開発する技術が発展しなかっただけかも。

*タイの牛肉事情についてはタ イ 編 にくわしく書いてある。

 

おまけ

バンコクの街並み

 

 

こちらの記事もいかがですか?

タイ人から聞いたトゥクトゥクの不都合な真実。「いりません!」

東南アジア 「目次」

インド 「目次」

日本 「目次」

宗教 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。