香港が”第二の天安門”に?緊迫する大規模デモはここまできた

 

香港は1997年まで、150年以上イギリス領だった。
そんな特殊事情のある香港は現在、中国本土とは違う法律が適用されている。
表現の自由も認められているから、中国政府を批判することもできる。

同じ中国にありながら、社会のシステムが違う。
それを「一国二制度」という。

中華人民共和国の政治制度において、本土領域(中国政府が対香港・マカオ関係で自称する際は「内地」)から分離した領域を設置し、主権国家の枠組みの中において一定の自治や国際参加を可能とする構想である。

一国二制度

 

香港には中国本土にはない自由があるのだけど、それがいま危機にひんしている。
原因は「逃亡犯条例」の改正案で、これが成立すると、香港の犯罪者を中国へ移送することが可能になる。
*いま香港は中国と犯罪人引き渡し協定を結んでいない。
これが可能になると政府批判もできなくなって、一国二制度は現実的にはなくなってしまうかもしれない。

産経新聞の記事(2019.6.12)

香港政府は引き渡し対象となる犯罪を限定するなどしているものの、実質的に香港市民も中国当局の取り締まり対象になる恐れがあるためだ。

「逃亡犯条例」改正案とは 「一国二制度」事実上崩壊の懸念

 

それでいま香港は、100万人以上の市民が参加する抗議デモが行われている最中だ。
デモ参加者にの中には、香港国際空港に入って抗議活動をする人も現れた。
アメリカのウォールストリート・ジャーナルの記者が発信した下のツイートから、空港内の緊迫した様子が見てとれる。
警察官がデモ参加者に警棒を奪われて逆に襲われてしまい、パニック状態になった警官は銃を抜いて市民に向ける。
香港のデモはもうこの段階まできてしまったのだ。
約1000万回再生されたこの動画には、「誰も殺されなかったのは驚くべきことだ」という記者のコメントがある。


警官を襲うというはやり過ぎだろう。
それにしても、警察官はあの状況でよく銃を撃たなかったなと思う。
「誰も殺されなかったのは驚くべきことだ」というのは、誰が死んでもおかしくない状況だったのだから。
市民に発砲したら、世界を巻き込んで別次元の問題になってしまう。

 

香港で発生している大規模なデモ活動に対して、中国は武力で鎮圧するのだろうか?
その可能性が少しずつ高まっている。
米メディアの記者から質問されたトランプ大統領はこう答えた。

NHKニュース(2019年8月19日)

「第二の天安門事件となれば、対処が非常に難しくなる」と述べ、中国が30年前の天安門事件と同様に武力で鎮圧することへの懸念を示しました。

トランプ大統領 香港抗議活動で「第二の天安門」の懸念を表明

 

天安門事件というのは1989年6月4日、民主化を求めて北京の天安門広場に集まっていたデモの参加者に対し、中国政府が軍隊を使って武力行使を行い、多くの死傷者を出した事件のこと。
くわしいことはここをどうぞ。

抗議者に対する中国共産党による武力弾圧に対しては、国内はもちろんのこと国際社会から痛烈な批判を浴びた。犠牲者の数は後述のように諸説あるが、319人(中国共産党の発表)~1万人を超える(英国政府の公文書)とも言われている。

六四天安門事件

中国本土のネットで「天安門事件」を検索しても何もでてこないけど、一国二制度の香港のネットならこの事件の情報を知ることができる。

先ほどの警察官がデモの参加者に銃を発砲していたら、「第二の天安門」の引き金になっていたかもしれない。
そういうことが起こらないよう、習近平国家主席は人道的な形でこの問題を収拾できるとトランプ大統領は語っている。
そう願うしかない。

このニュースにネットの反応は?

・こう考えろ、もし自分が習近平氏だったら香港をどうするかと(´・ω・`)
・また天安門やったら世界恐慌だな、怖いどうなるんだろう
香港があんなことになっては嫌だなぁ
双方、落とし処をどうするつもりなんだろう
・どの国でもデモ隊が一線越えたら公権力の介入は当たり前
・今は顔認証システムがすごく発達してるから、デモ参加者は顔を撮影されて 後であいつだってすぐばれる。
・だからマスク、ゴーグル、帽子着用で 移動や買い物も電子マネーを使うと追跡されるから、現金使用を徹底してるらしい

これから香港がどうなるか見えないけど、何が起きてどんな状態になっても、あの警察官のような自制心を発揮して血を流さず解決してほしい。

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ。

「おまえは中国人か?」香港人がジャッキーチェンに怒った理由

日本 「目次」

中国 「目次」

台湾 目次

 

4 件のコメント

  • 引き金を引かなくてよかったです。 警察官も香港の人なので、自分を殴ってきたデモ隊の気持ちもわかっていたのでしょう。 デモ隊に出来れば参加したい気持ちもあったのかもしれませんね。
    香港に軍事介入して鎮圧になるんでしょうか? たくさん軍事車両が中国側の町に並んでいましたね。
    第二の天安門にならないといいな。 平和な解決できるといいなと思います。

  • 警察官も人間ですし、仕事とプライベートは別ですよね。
    デモをする側の気持ちも当然わかると思いますよ。
    いま香港の近くに中国軍が結集しているという情報は流れています。
    それが抑止となってデモを鎮静化させたいのでしょうけど、そうならなかったときが怖いです。
    でも、さすがに軍事介入はないと思いますけど。

  • 中国軍の介入があるかないかは、デモ隊から「香港独立」のスローガンが発せられるかどうかにかかっています。今のところ、それだけは最後の一線として触れられていませんけれども。
    しかし、万が一、デモ隊側がそのような動きを少しでも見せたら、中国はためらわずに軍事介入して鎮圧するでしょう。もしそうなれば、それをきっかけに世界経済はどん底に落ち込むと思います。下手すると、リーマンショック級になるかもしれない。日韓関係、中台関係もそれに引きずられて、不安定化をより増すことになるでしょう。

  • 知り合いに40代の香港人がいて、その人の話では20代の香港人で独立を唱える人がいるそうです。
    でもさすがにそれは非現実的であまり影響力はないようですが。
    それにそれを公然と口にしたらどうなるかは、中国をよく知っている香港人こそよくわかっているはずです。
    さすがにそれはないでしょう。
    と思いますが、実際にはどうなるんでしょうね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。