好き放題やったノージャパン運動、いまそのツケを払う韓国

 

日本から輸入されたものがしっかり管理されているのか不明。
日本が話し合いを申し込んでも無視。
そんな韓国の不誠実な対応によって日韓の信頼関係が大きなダメージを受けて、それは日本政府による対韓輸出の管理強化という結果でかえってきた。

当時の世耕経済産業相は背景をこう説明している。

 

 

不十分で不適切なことがあったのが原因だから、日本からの輸出が正常化するにはそれらを適切化するしかない。

でも韓国政府の選択は反日感情を刺激して、国民の怒りを日本に向けることだった。

読売新聞の記事(2019/08/03)から、そのころ文大統領が言ったことばを抜き出してみよう。

求心力向上狙う文大統領「二度と日本に負けない」

「我々は二度と日本に負けない。今日の韓国は、過去の韓国ではない」
「(日本の)挑戦に屈服すれば、歴史は再び繰り返される。我々は十分、日本に打ち勝つことができる」
「加害者の日本が盗っ人たけだけしく騒いでいる」

 

「国民の反日感情をあおり、対日関係の争点を徴用工問題からずらそうとの姿勢を見せている」という読売新聞の指摘に一文字の間違いはない。

政府が笛を吹いたら、国民は踊りだす。
「日本製品は買わない。日本には行かない」のノージャパン運動が全国的に展開されて、日本の商品は商品棚から撤去される。
日本のビールをぶちまける市民がいれば、日本の文房具をゴミ箱に捨てる高校もあった。大勢の生徒や教員が見ている前で、日本製品を次々と捨てる韓国の普通がすごい。

 

韓国の地下鉄の車両に貼られた反日ステッカー

このころ韓国政府は反日に一点集中して全国民的な怒りを見せたら、日本が譲歩すると考えていたのだろうか。

 

それでも3カ月をすぎたころになると、ノージャパン運動も下火になってきた。
でも、決して終わったわけではなくて、日本製品を拒否する運動は続いていた。
反日の火が消えると困る人もいるらしくて、韓国マート協会のキム会長はこんな燃料を投下する。

中央日報の記事(2019.11.29)

キム会長は「日本製品不買運動は1つの文化として定着したようだ」とし「私たちは経済貿易報復が撤回されるまで、歴史の反省があるまで不買運動を継続する」と語った。

韓国マート協会会長「日本製品不買運動は1つの文化として定着」

キムチやBTSといった韓国文化につづいて、またひとつ新しい文化の爆誕だ。

 

政治家や経済界の要人が国民をあおりにあおる。
そして反日運動を続けさせた結果のひとつがこれだ。

時事通信の記事(2020年02月17)

韓国政府、航空業界に緊急支援 不買運動と新型肺炎で打撃

「日本に行きません」というのは「飛行機には乗りません」にもつながるから、韓国の航空業界には大打撃だ。
それで韓国政府が支援に乗り出して、格安航空会社(LCC)向けに最大で約280億円の緊急融資の実施をきめた。
「我々は二度と日本に負けない」ときょねん言ったときに、こんな未来予想図を描いていただろうか。

 

いまの韓国では新型肺炎が急速に広がっていて、感染者の数は日本の135人(1人死亡)を大幅に上回って556人(4人死亡)に達した。
*世界全体の状況はここで確認できる。

worldometer

こうなると、ことば遊びをしている余裕はない。
だから、「加害者の日本が盗っ人たけだけしく騒いでいる」「日本製品不買運動は1つの文化として定着したようだ」なんて声はすっかり聞かなくなった。
「歴史の反省があるまで不買運動を継続する」と語ったことはもう本人も覚えていないだろう。
韓国がノージャパン運動をしているころは「このツケはいつか自分が払うのだろうな」と思っていたけど、280億円の緊急融資とか想像以上だった。
でもこれはきっと始まりだ。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。