インドで尊敬されるチャンドラ・ボースと日本軍のインパール作戦


 

上の写真がの人物が、インドの英雄「チャンドラ・ボース」

コルカタ(カルカッタ)の国際空港の出口に彼の銅像があった。

日本人の旅行者なら、日本とゆかりのあるこの人物に「こんにちは」とあいさつしてもいい。

 

ガンディーは、「非暴力・不服従」をつらぬき、イギリスをインドから追い出した。
こうしたガンディーの考え方や活動を知って、「ガンディーは、なんて偉大な人物なんだ! きっと、インドで一番尊敬されている人物に違いない!」
ボクは、そう思っていた。

 

 が、実際にインド人に聞くと、案外、そうでもない。
ボクが思っていたのと違う答えが多く返ってきて、「あれれ?」と思うことが何度もあった。

 

 コルカタ(カルカッタ)でインド人に聞く。

「ガンディーは、インドで一番尊敬されてるの?」
「いや、東インドでは、チャンドラ・ボースだな」

 

ああ、チャンドラ・ボースなんだ。
で、それは
誰ですか?

 

調べてみると、この人は、日本とつながりの深い人だった。

チャンドラ・ボースは、インドの民族運動の指導者で、「武力による独立を目指し日本の支援でインド国民軍を組織した(世界史用語集)」という人。

 

このインド国民軍は、「武力によるインド独立を目指し」、日本軍と一緒に「インパール作戦」に参加して、イギリス軍と戦っている。

 

1944年のこのインパール作戦が、日本の歴史の「負の遺産」といえるくらい、ひどい戦いだった。

インパール作戦は、日本人として、決して繰り返してはいけないものだから、ちょっと詳しく書く。

 

 これは、日本軍とインド国民軍がビルマからインドへ侵攻した作戦なんだけど、日本軍の大敗北に終わっている。
 ただ、日本軍がインド国民軍と共にイギリスと戦ったのは、インド独立のためじゃない。
それもあったかもしれないけど、一番の目的は、「援蒋(えんしょう)ルート」をつぶすためだ。

 

 「援蒋ルート」とは、中国の「蒋介石(しょうかいせき)政権に対する米・英の物資援助ルートのこと(世界史用語集)」になる。

 

当時、日本は、中国と戦争をしていた(日中戦争)。

このとき、日本を悩ませたのが、この「援蒋ルート」だ。
これがある限り、米英がビルマから武器などをどんどん中国に運んでしまうため、日本は戦争をなかなか終わらせることができない。

 

 これは、ベトナム戦争で、北ベトナムがラオス経由で前線に武器などを運んでいた「ホーチミン・ルート」のようなものだ。

 

 「この援蒋ルートは断たないとダメでしょ」ということで、実行されたのがインパール作戦だ。
 しかし、この作戦は、日本軍が物資の補給をあまり考えてなかったこともあって、大惨敗に終わる。
ビルマのジャングルは、暑くて湿度も高い。遺体の腐敗が速く進み、すぐに白骨化する。

 

 日本軍が撤退した道は、そこで生き絶えた日本兵の白骨が点々と並ぶ「白骨街道」と呼ばれた。

 

 「ボロボロの軍服を着た白骨に、別の白骨がもたれかかり、その上にまた別の死体がもたれかかっている。三つ目、四つ目の死体になると、死んで間もないためにまだ内臓が残っており、ウジがわいていた。ウジは死体の原の上に山のようになって動いていた。死体は一か所に二〇ぐらい並び、多い所には三〇以上も集まっていた(責任なき戦場 インパール 角川文庫)」


「自ら命を断つ者が続出した。小銃を持っている者は、口の中へ銃口を入れ、足で引き金を引いた。銃を持っていない者は手榴弾を抱き、俯(うつぶ)せになって爆発させた。手榴弾を持っていない者は、通りかかる兵隊たちに手榴弾をねだった。そうした自殺は、夕方に多かった。日が暮れる頃、あちこちでパーン、パーンと小銃や手榴弾の音が聞こえ、それが山々にこだました
(同書)」

 

 元イギリス兵士は、日本軍の野戦病院で見た光景を、こう振り返っている。

「その死体のかたわらには、兵士の妻や子ども、恋人の写真、富士山や桜の花、梅の花の絵葉書、そして日記帳などが落ちていた。今際(いまわ)のきわに、思い断ち難く眺めていたと思われた。胸が締めつけられるような光景だった(同書)」

 

IMGP9721

  「ビルマ(ミャンマー)の日本人慰霊碑」 

 

 これが、さっき、ボクが繰り返してはいけない「負の遺産」と言った理由だ。

 ちなみに、アメリカは、「ホーチミン・ルート」をつぶすために、クラスター爆弾を落としたり、枯れ葉剤をまいたりした。
このことも、現在、アメリカの「負の遺産」になっている。

 

 話が、ちょっとそれた。
けど、東インドでは、ガンディーより、インド独立のために日本軍と共に戦ったチャンドラ・ボースの方が尊敬されているのは間違いないみたい。

 

 東インドでは、ベンガル人が多いから、ガンディーより、「同じベンガル人」のチャンドラ・ボースの方が好きな人が多い、という理由はあるだろうけど。

この人物は、東インドでは、「誇り」とされている。

 

ボクも、コルカタの国際空港の目立つところに、このチャンドラ・ボースの像があるのを見て驚いた。

 

 「これは、東インドだけだろう。他の地域のインド人に聞けば、『ガンディーが一番さ』という答えが返って来るだろう」

 

そう思ってパンジャーブ州のインド人に聞いたら、まったく想像してなかった答えを聞くことになった。

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す