韓国人と日本人が慰安婦問題の議論をしたら?最低最悪の結果に。

 

海外にいるときに、韓国人からいきなり慰安婦問題の話を持ち出される。
そして、「きみはどう思う?」と意見を求められる。

確率としてはかなり低いけれど、日本人が韓国人と出会えば、こんな事故に巻き込まれる可能性はある。

ボクは今までに、1度だけそんなことがあった。
そういう経験をした日本人にも、数人会ったことがある。

 

前の記事で、そんな日本人を紹介した。
フィリピンで英語留学をしていた日本人が食堂で昼食を食べていると、韓国人から話しかけられる。
そして慰安婦問題について自分の考えを説明したあと、その日本人に意見を求めてきた。

このときの韓国人の主張はこんな感じ。
「つばさ&あゆみの夫婦で世界放浪旅~美味しいお酒を求めて~」の記事(2017年8月29日)から。

彼は『でも、強制的な慰安婦がいたのは事実だからそこに対して認めないのはおかしい。ドイツは現在もユダヤ人に対して支援金を行なっていることを知ってるか?ドイツは第二次世界大戦で犯した罪に対する支援をずっとしてるのに、日本が辞めるのはおかしい。日本は韓国に対してひどいことを行なったのだから。』と言ってきました。

フィリピン留学中に韓国人の友達と話したこと〜兵役と慰安婦問題について〜

 

この人は慰安婦問題を知っていたから、自分の考えを述べている。
けっこう激しい話し合いになったのだけど、韓国人のほうはサッパリしている。
そのあとこの日本人と会ったとき、彼は何事もなかったようにあいさつをして、普通に話しかけたらしい。

 

 

普通の日本人なら、慰安婦問題なんてよく分からないだろう。

そのせいだと思うのだけど、韓国人から「日本の加害性」を強調されて、土下座して謝罪した日本の女子大生がいた。

1999年に、日本と韓国の大学生による学生交流が東京でおこなわれた。

このとき日本の学生は「21世紀のパートナーシップ」をテーマにして日韓友好について話し合おうとしたのだけど、韓国の学生は”従軍慰安婦問題”について討論することを求めた。

ホームは東京なのだけど、韓国の学生の意見が通って、慰安婦問題の話し合いをすることになった。

すると、どうなったか?

朝鮮日報のコラム(2016/01/04)にそのときの様子が書いてある。

討論は支離滅裂だった。日本の学生たちの「私たちは責任認定も補償もすべて行った」との言葉に感情が高ぶり、「あなたたちがああいう目に遭ったと考えてみてよ。あれで済んだと思えるの?」と問い掛けた。

すると突然、日本の女子学生の一人が冷たい床で土下座を始めた。「こうすれば気が済むの?」と。

「日本から謝罪を受ける韓国の意志と戦略」

 

「慰安婦問題について議論する」といっても、韓国人のなかで答えは決まっている。
話し合いなんて名ばかりで、実際には、韓国の主張を日本人に認めさせるだけ。

感情的になった韓国人から日本の加害責任を一方的に責められたら、日本人もどうしていいか分からなくなる。
土下座したというのは、もうそれ以外に、その場を収める方法が見つからなかったからだろう。

日韓の大学生が交流するためのイベントで、なんで日本の学生が土下座をしないといけなくなるのか?
結果としては最低最悪。

やっぱり、日本の学生が提案した「21世紀のパートナーシップ」のほうがよかった。

 

 

女子大生の土下座を見て、韓国の学生が満足したかといえば、そうでなく、彼らは目の前の光景にとまどったらしい。
まさかこんなことになるとは思ってなく、韓国の学生も後味の悪い思いをした。

でも、上のコラムが伝えたいことは、この”土下座事件”ではない。

2015年に、日韓両政府が慰安婦問題について最終的な解決を確認した。
でも韓国民はこの合意内容に納得がいかず、大きな不満と怒りを持っていた。

このとき朝鮮日報は、「不十分な合意だったけれど、これを受け入れよう」と国民に訴える。
それが「日本から謝罪を受ける韓国の意志」になる。

 

2016年にこのコラムを載せていた朝鮮日報が、最近の記事(2018/05/07)で、文大統領の対日外交を評価している。
この記事の中で韓国の大学教授がこう言う。

東国大の高有煥(コ・ユファン)教授は「日本との関係が最も整理できていない。慰安婦・独島(日本名:竹島)問題が解決しておらず、南北問題でも日本が(南北関係改善に)消極的な状況」と指摘した。

文在寅政権1年:対日外交、韓国専門家らは辛口評価

 

最大の外交問題だった慰安婦問題について、最終的・不可逆的な解決を日韓が確認した。
合意にもとづいて安倍首相が心からのおわびを表明した。
「不十分な内容だけど、受け入れよう」と韓国紙も書いていた。

で今になってみたら、どうだったのか?

結局、まったく前に進んでいない。
慰安婦問題は未解決で、日本との関係が一番うまくいっていないという。
「日本から謝罪を受ける韓国の意志」という崇高な意志は、どこかへ消えてしまった。

 

つまり韓国はまだ、日本からの謝罪を受ける意思はないらしい。

ということは、記事の始めで書いたことが、これからも起こるだろう。
フィリピンの食堂で昼ごはんを食べていたら、いきなり韓国人から慰安婦問題について意見を聞かれて、話し合いになった。
こんなことは、今後も世界のどこかできっと起こる。

日本人としては「もう韓国には謝罪しない意志」を持つことが大事。
終わったことを謝罪する必要はない。
安倍首相の心からのおわびがもう最後だ。
土下座で謝罪しても何の解決にもならないし、もうそんな日本人をつくってはいけない。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。