日本を「恥知らずレベル、世界最上位圏」と呼んだ韓国のいま

 

ちょうど1か月前、隣国さんはこんなことを言いやがりました。

中央日報の記事(2020.06.30)

青瓦台高位級関係者は29日、「隣国に害を及ぼすことに慣れている日本の誤りを認めたり反省したりすることのない一貫した態度にこれ以上驚くこともない」としてこのように話した。

韓国大統領府、「韓国のG7参加反対」日本に「破廉恥水準が全世界最上位圏」

*青瓦台は韓国大統領府

 

アメリカのトランプ大統領が主要7カ国(G7)首脳会議に韓国をふくめるよう言及し、日本がそれに否定的な見方を示すと、上のように批判したうえで大統領府のこの高位級関係者は「日本の破廉恥水準が全世界最上位圏」と言う。
「破廉恥」とは恥を恥とも思わない、ひどい恥知らずのこと。
韓国に言わせると日本はその「全世界最上位圏」にあるらしい。

でもこのときは日本の反対などまった意に介さず、関係者さんは余裕そうに気にこう語った。

「国際社会、特に先進国は日本のこのような水準を十分に認知しているので(G7拡大および韓国の参加構想に)格別な影響はないとみている」

「世界からどう見られているか?」がとても気になる韓国にとって、G7サミットのメンバーに選ばれるというのは願ってもない名誉なこと。
だから文大統領は、「韓国が世界秩序を導くリーダー国の一員になる」「国の格の上昇と国益に大きく役立つ」と気持ちよさそうに語り、韓国政府はすぐに歓迎のメッセージを出した。

そんなウキウキ気分に、よりにもよって日本に水(または釘)を差さされたから、ご機嫌斜めになったらしい。
にしてもここまで言うか?

 

でもミカサが言うように、世界は残酷だ。
今度がドイツが反対を表明してしまう。

朝鮮日報の記事(2020/07/28)

日本に続きドイツも韓国のG7参加に反対

ドイツの主張は、いまの体制が合理的で、G7サミットにこれ以上参加国を増やすのは必要ないというもの。
日本とまったく同じ理由じゃないですか。
記事には「英国も反対の見解を示した」とあるから、全体的には「現体制のままでいい」という日本の主張が通ってきている。

ではここで、1か月前にタイムスリップしよう。

韓国大統領府の高位級関係者は、

・隣国に害を与えることに慣れている日本
・過ちを認めたり、反省したりしない一貫性のある態度
・恥知らずのレベルは全世界最上位圏

と批判したうえで、「国際社会、特に先進諸国は日本のこうしたレベルを十分に認識しているので、(G7拡大と韓国の参加構想に)特に影響はないものと見ている」と話した。
でも現実は、韓国が思い描いた理想と正反対の方向へ突っ走っている。

そんなことで、朝鮮日報によるといま隣国さんはいまはこんな状態。

外交関係者の間からは「6月に従来のG7体制維持の必要性を明らかにした日本に対し、『恥知らずのレベルが全世界最上位圏』だとすぐさま非難した青瓦台の立場が苦しくなった」という声も聞かれる。

世界の先進国がそんな認識に共感するかっ。
「格別な影響はないとみている」と言っちゃった高位級関係者さん、いま元気ですか?

 

こうなると今度は日本のメディアが黙っていない。
韓国がしてきた言動の整合性を取るために、FNNプライムニュース(2020年7月29日)がこう報道。

日本と同様の姿勢を示したことで、ドイツも韓国大統領府の言う「破廉恥ランキング世界トップレベル」にランクインするかと思われたが、7月28日現在なぜか大統領府は沈黙している。

「破廉恥世界ランクトップ」と日本を罵倒した韓国…G7拡大反対のドイツには沈黙

英国も入れなきゃ。

 

ドイツに対しては韓国外務省が「G7拡大に対するドイツの一般的な立場を表したと理解される」と、日本は天地ほど違うコメントを発表しただけ。

この事態に韓国政府関係者は、「トランプ大統領は韓国なども招待すると言っているだけなのに、それをG7に仲間入りすると勝手に思い込み日本を非難するのは愚か過ぎる。拙速さが恥ずかしい」と頭をかかえ、「世界のリーダー国になると叫んだ大統領府は面目が立たなくなった」と報じる韓国メディアもあったとか。

今回の「韓国劇場」を見た日本の外交関係者は、「プロの外交官が関与しているとは思えない、あり得ない対応」とあきれ顔だ。

文大統領の「韓国が世界秩序を導くリーダー国の一員になる」というフラグの立て方とその回収は、日本中のマンガ家が参考にできるレベルで見事の一言。

さて、現時点での全世界における日本と韓国の「破廉恥ランキング」を知りたい。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

1 個のコメント

  • まあ、要するに、日本が(実効性のあるキビシイ)反撃を絶対にしてこないと知っていて、嫌がらせをして喧嘩を売ってきているのでしょう。だけど、ドイツは怖いんだろうね。

    また、日本の輸出管理強化を「撤廃しろ」と主張してWTOへ提訴(国際裁判)までしておきながら、今度はWTO事務局長へ韓国人が立候補したら「それを支持しろ」とか。
    そんな訴訟相手国からの候補者を支持する国、世界のどこにもいるはずがない。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。