韓国の“日本軽視”が招いた、「戦略的放置」というブーメラン

 

このほどイギリスで開かれた国際会議(第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議。ながっ)について、日本では話題にならなかったけど、韓国で大きな関心を集めたのが韓日首脳会談だ。
結果からいうとこれは失敗。
岸田首相と文大統領が向かい合って話をする場面はまったくなかった。

この不発をめぐって韓国では、「文大統領は岸田首相に会って話をしたかったけれど、それができなかった」という見方が広がっているから、大統領府は「そうではない」と打ち消すのに必死のようす。

中央日報の記事(2021.11.05)

韓日首脳会談については「いつかは会うことになり、その道に向かって進んでいる。首脳会談が実現するように一歩一歩前に進んでいる」と話した。

韓国大統領府「文大統領、岸田首相と会おうとして会えなかったわけはない」

 

日本ではマスコミと首相との間でこんなやり取りは、ボクの知る限りではない。
日本人の関心はそこにはないと思う。

いま関係改善をより強く望んでいるのは韓国側という状況からみれば、文大統領との会談は「岸田首相に避けられた」と考えるのが自然だ。
実際、韓国のマスコミにはそういう見方があるから、「会おうとして会えなかったわけはない」と強調しないといけなかった。
岸田首相はバイデン米大統領、ジョンソン英首相、オーストラリアのモリソン首相、ベトナムのファム・ミン・チン首相らとは二者会談の場をつくって話をしている。

にもかかわらず、文大統領との接触がなかった原因は、朝鮮日報が指摘するように「韓国軽視」だろう。(2021/11/03)

根本的には日本が韓日関係の優先順位を低く考えているためだと解釈する向きが多い。(中略)岸田首相も衆議院選挙の直後「米国をはじめ同盟国、同志国を可能な限り早期に直接訪問し、首脳を日本にお迎えしたい」と積極的な首脳外交を鮮明にしたが、韓国に対する言及はなかった。

素早い岸田首相、バイデン大統領と「短時間歓談」…文大統領との対面は不発

 

先月に両者が電話で話をしたさい、文大統領は元徴用工問題について「被害者の方々が納得し、かつ外交関係に支障の出ない解決策を模索することが何よりも重要だ」と話す一方、岸田首相は「該当の事案は最終的に解決済みで、韓国が解決策を提示すべき」とこれまでと同じことを繰り返しただけで平行線に終わる。

しかも岸田首相が韓国へ電話をかけたのは他国に比べて遅く、これは優先順位の低さを露骨に示すものだったから、大統領府はかなり不満だったらしい。

中央日報の記事(2021.10.14)

文大統領と岸田首相が15日に電話会談へ…日程めぐる神経戦、韓国は「後回し」

岸田首相が1か月もたたないうちに、「韓国が解決策を提示すべき」という立場を崩すワケない。
今回イギリスで話をしたところで、これとまったく同じことを再現するだけで意味と収穫はない。

今年最後の多国間外交の舞台で成果を挙げられなかったことで、「文大統領が任期内に岸田首相と直接対話する確率はさらに低くなった」と朝鮮日報は指摘する。

 

でも「韓国軽視」や「後回し」は、これまで韓国が日本にしてきたことのブーメランだ。
2018年に韓国最高裁は、日本との合意をひっくり返して日本企業に賠償を命じ、国際法違反の状態を生み出した。

この判決を受けて日本政府は韓国を「国際協定を守れない国だと自ら宣言しているに等しい」と理解した。
それでもう対北朝鮮など、必要最低限のこと以外は相手にしない「戦略的放置」を強めるようになる。
産経新聞の記事(2018.10.30)

日本政府、対韓国「戦略的放置」強める 徴用工判決、国際司法裁判所への提訴も視野

韓国の司法は日本との合意を軽視し、韓国政府は国際法違反の是正を求める日本政府の主張をこれまでずっと無視してきた。
このときから3年以上たったのに、韓国はいまでも日本が納得できる解決策を提示していない。
「いつかは会うことになり、その道に向かって進んでいる」という首脳会談の根拠は何なのか。
自分の好きな道を歩くだけでは、日本とは出会えない。
韓国側が日本の立場を無視・軽視してきたのだから、イギリスで「戦略的放置」をくらってしまったのだ。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国人のカン違い。「東方礼儀の国」という実は屈辱的な言葉

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

慰安婦像問題⑥韓国にとってのアメリカとは(朝鮮戦争)?

 

6 件のコメント

  • 日本は国際法に準じて、合理的に韓国の行為に対処していると思います。
    岸田総理の場合、朴大統領時代に慰安婦問題の最終交渉妥結をした日本の代表として、現韓国政府の行動にもっと不満があるものと思います。前にも申し上げたとおり,現在の韓国政府は、韓日間の近代史を解決する能力がありません。

  • 朴政権なら合意を破ることはなく、日韓関係もいまよりずっと良好だったと思います。
    あんな形で退陣したのが残念。

  • 送っていただいたメールで、”外国人学校は甲子園大会に出場できない”と言われましたが、ウィキペディアを見ると、京都国際高校が韓国の外国人学校として分類されていました。外国の学校も甲子園大会に出場できるのではないですか。

  • 失礼しました。
    それは古い情報で、いまでは外国人学校でも高校野球連盟に認められたら、甲子園に参加することがでいるようです。

  • 以前は民族学校だったからそういう教育をしていました。
    でも、2004年度から変わって、いまでは日本の学習指導要領にもとづき、文科省の検定を受けた教科書を使っています。
    生徒は日本人ですから、日本の教育をしています。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。