日韓の歴史問題が終わらない理由。不公平な「日本も悪い」論

 

終わったことが終わりにならない不思議の国。
お隣の韓国がそんな国で、日本はいま付き合い方に困っている。

10月30日のきょう、韓国の最高裁判所が徴用工訴訟の判決を言い渡す予定だ。
韓国の場合、「予定は未定」ということがあるけど、この判決は確実に出るはず。

でも、本来これはおかしい。
徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で終わった問題だ。

それは周知の事実で、ネットでも簡単に出てくる。

日韓請求権協定

日本が韓国に5億ドルの経済支援を行うことで、両国及び国民の間での請求権を完全かつ最終的に解決したとする内容。

知恵蔵の解説

これで The End。
To be continuedはない。

 

このとき日本と韓国の間で、いろいろなやり取りが交わされたのだけど、しかしまー、韓国側がいい加減なんですわ。

韓国政府は交渉の過程で、「強制徴用、徴兵被害者など多大な被害を受けた」として日本政府に対し資料の開示と賠償を要求したが、日本政府は「韓国政府に証明義務がある」と主張した。韓国政府は関連資料をすべて日本側のみが持っていると主張した上で強制徴用、徴兵被害者などの被害者数を「103万人余」とした。

日本の対韓請求権

 

韓国は「多大な被害を受けた」と主張したけど、その根拠を持っていなかった。
「日本にあるはずだ」という想像から、日本に資料の開示と賠償を要求する。
そして根拠があいまいなまま、被害者数を「103万人余」とした。
デタラメにもほどがある。

でも、これは慰安婦問題でも同じ。
自分たちは根拠を示さないで「日本にあるはずだ。日本は資料を公開しろ」と迫る。
「慰安婦は強制連行されたに違いない」「性奴隷にされたはず」という思い込みをもとに、日本は資料を隠している!と主張する人がいた。

デタラメにもほどがある。

「オレはおまえに100万円盗まれた。証拠はおまえが出せ」なんて理屈が通用するはずない。

 

 

徴用工問題をふくめて日韓の戦後補償は、1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決された。
くどいけど、大事なことなんですよ。

一言付け加えれば、このとき韓国が日本から受け取った金額は当時の国家予算の2~3倍。
それをもとに韓国は「漢江の奇跡」と呼ばれる経済成長を実現した。
日本の支援がなかったら、それは不可能だ。

でも韓国国内で、この事実はほとんど知らされていない。
徴用工問題がいっつまでも終わらない理由のひとつに、この無周知がある。
日本の支援については「見ざる聞かざる言わざる」で、国民には十分に知らされていない。

でもそれは韓国国内のこと。
徴用工問題や慰安婦問題など、日韓の歴史問題がエンドレスに続く原因は日本にもある。

 

 

2018年の今年、韓国の文大統領が「元徴用工個人の請求権はまだ消えていない。元徴用工は日本に補償を請求できる」と言ったことで、日本側は大反発した。

これは53年前の協定で終わったことだ。
寝た子を起こすのではなく、死体を掘り返してどうするのか?

反日世論に迎合する文大統領は、この問題を終わりにしたくないらしい。

 

日本では高知新聞が社説(8月21日)でこの発言を取り上げていた。

【徴用工問題】過度の外交論争を避けよ

それはそうだけど、主語は?

この社説で高知新聞は「文氏の今回の発言は首をかしげざるを得ない」と、文大統領を非難する。

韓国側の非を指摘しつつも、高知新聞は日本側の歴史認識も問題視する。

強制連行されて日本企業などで働かされた韓国人の徴用工問題は、元従軍慰安婦への謝罪や補償とともに日韓の癒えない歴史問題の一つだ。目を背けることができない。
(中略)日本の植民地支配からの解放を記念する15日の式典で文氏は、日韓関係について「歴史問題にふたをして進むことはできない」と述べた。同感だ。日本は真摯(しんし)に歴史に向き合わなければならない。

 

そして「この問題は日本にも責任があるのだから、日韓が対応するべき」という。

いやいやいや、それはおかしい。
徴用工問題は1965年、慰安婦問題は2015年にそれぞれ最終的な解決を確認したはず。
日本と韓国が歴史から目を背けず、真摯に向き合ったからそれが可能になったのだ。
韓国の国内問題は韓国政府が対応するべき、でしょ。

 

 

徴用工問題は韓国側の協定違反がすべての原因で、日本に非はない。
この問題の解決の責任は韓国にある。

でも、一方的に韓国を非難できない日本のマスコミもある。
それで関係ないことを持ち出したり話を広げたりして、「でも、日本人も悪いんですよ」と書きたがる。
こういう「どっちもどっち論」は不公平だ。

約束を守った生徒と守らない生徒を前にして、「おまえたちのそれぞれに責任がある」と無理やりバランスを取ろうとする先生は客観的でも中立でもない。

 

日本は韓国という国と協定を結んだのだから、政権が変わっても約束は変わらない。
「それは前政権のことです」と、一方的に合意を破っていいわけがない。

「そんなことをしたら、韓国は世界から約束を守れない国と見られますよ。信用をなくしますよ」と伝えるのが日本の役目で、「日本は真摯(しんし)に歴史に向き合わなければならない」なんて話を反らして日本を責めるべきではない。

韓国側が理屈の通らないことを言っても、日本ではそれに呼応する人たちが出てくる。
日韓の歴史問題がいつまでも終わらない理由にこれがある。

韓国が無理難題を要求しても、それを受け入れようとする勢力が日本にもある。
これじゃ、The Endにはならない。
それにこれは韓国嫌いの日本人を増やすだけで、未来志向の日韓関係には役立たない。

 

 

きょうの午後2時に、韓国の最高裁が徴用工訴訟の判決を言い渡す。

これで日本側敗訴の判決が出ることが心配なんだけど、日本国内からもまた「日本も反省するべし」という声が上がりそうでめちゃ不安。

最初に少し韓国を非難しつつも「日本も歴史問題に目を背けることができない」と、結果的に韓国の反日世論に迎合する日本のマスコミが出てきそう。

ここは大人の対応をするべしするべし。
「でも、日本人だって悪いんですよ」という謎の自己反省を求めるのではなくて、韓国に強い態度で出たほうがいい。
韓国の「無法性」や「異常性」を国際社会に訴えてもいい。
日韓の歴史問題をThe Endにするには、それが近道だ。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日韓関係の歴史を知ろう①戦後最悪からの改善:竹島→慰安婦

釜山の慰安婦像②日本政府の怒り!韓国人の反応・気持ちは?

日韓関係③慰安婦像問題の責任は?韓国政府?国民?釜山市?

日韓の慰安婦像問題④アメリカ「ねえ日本。僕もう、韓国に疲れたよ」

ユネスコは、慰安婦資料に否定的。背景と日本と韓国の反応は?

 

2 件のコメント

  • いつもブログ拝見させていただいています。

    日本側に賠償命令でちゃいましたね。
    日韓関係もうダメですね。

  • コメントありがとうございます。
    韓国やっちゃいましたね。
    これは落とし前のつけどころがまったく見えません。
    韓国の責任ですけどね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。