日本に強く中国には弱い韓国②かっこいい国のカッコ悪い大統領

 

「戦犯国として最低限の恥も知らない」

「過去に対する徹底した反省と謝罪なしには、韓半島(朝鮮半島)の平和と繁栄で再編される東アジアの未来に日本はいないことをはっきりと述べておく」

去年、韓国与党「共に民主党」の議員が公の場でこう言い切った。
「はっきりと述べておく」ということだから、日本人はしっかりおぼえておこう。
ついでにこれと同じとき、韓国与党が日本に「一抹の良心さえも見られない」「永遠の二等国」と言ったこともおぼえておきませう。

こんなふうに韓国は日本に言いたいことを言える。
なぜかと言えば、日本だから。
相手が中国だったら、韓国はこんな舐めたことを絶対に言わない。
このことについて、日本に責任はないとしても原因はある。

 

韓国はむかしから、日本に強くて中国には著しく弱い。
日本には無理難題を要求するけど、中国にはいろいろと遠慮する。

中央日報(2019年01月16日)を読んで、韓国の相変わらずの「西低東高」っぷりを思った。

「死の粒子状物質」襲撃も…中国に一言も言えない韓国青瓦台

「死の粒子物質」というのは、一時期日本でも騒がれた「PM2.5」のこと。
これによる大気汚染は韓国と中国で、過去最悪レベルになっているという。
PM2.5は中国で発生し、風に乗って韓国へと運ばれる。
*ただし中国はこれを認めていない。

これは前から韓国で大きな社会問題になっていた。
くわしいことは中央日報の記事(2018年01月15日)を見てほしい。

韓国首都圏、最悪のPM2.5…ソウル市で出退勤時間のバス・地下鉄が無料に

この記事(2018年03月26日)からは、韓国民の叫び声が聞こえてくる。

韓国全域にPM2.5飛散…「他国へ移住したい」「終末映画の中の空だ」…政府には中国への対策要求も

 

この記事の一年前、大統領選挙の期間中、文大統領は国民にこう約束していた。

「日本には『慰安婦合意は問題だ』、中国には『粒子状物質はあなたたちに責任がある』(中略)と堂々と話せる大統領を望んでいることでしょう。それで、かっこいい国、かっこいい大統領を望んでいることでしょう。私、文在寅が先頭に立ちます」

こうして文氏は「かっこいい国」の大統領になる。
たしかに日本が相手なら、文氏は「かっこいい大統領」だった。
慰安婦問題については、何の遠慮も配慮もなく堂々とものを言う。
2015年に最終的な解決を確認したはずなのに、「日本はこれで問題が終わったと言ってはいけない」と言いやがりました。

でも中国が相手だと、とたんにカッコ悪くなってしまう。
記事には「就任後、唯一、粒子状物質をめぐる中国への要求だけがまともに行われていない」とある。
有害物質が飛んでも来ても、中国には一言も言えないのだ。

 

韓国内では不満が爆発しているのだけど、中国は韓国を相手にしていない。
朝鮮日報の記事(2018/12/29)では、逆に韓国を非難している。

PM2.5:中国政府「韓国の大気汚染は韓国が原因」

「死の粒子物質」は韓国で排出されていると、韓国側の主張を一蹴した。
日本での報道で、この汚染物質は中国で発生していると聞いたから、個人的には韓国の言うことが正しいような気はする。

それにしても、中国の態度は相変わらず冷たく厳しい。
韓国が文句を言っても、「その原因はおまえたちにある」と言ってあとは無視。
前回に書いたけど、「中国は応じないから」と分かると韓国は何も言わない。
強く言えば、中国にまた報復されてしまうかもしれない。

 

こうなると国内には、中国に強く言えない政府への不満が出てくる。
そういわれても、韓国政府は中国には弱い。
これが結果的に、日本への強硬姿勢につながることはあるだろう。
「江戸の敵を長崎で」のように、中国の敵を日本でとるような。

いまの日本で中国嫌いの人はたくさんいるけど、そんな人でも、中国の対韓外交の「みごとさ」には敬意を払っている。
じっさい中国の「問題化させない圧力」は日本にはない。

たいていのことは「遺憾の意」で済ませる日本には安心感があるから、「かっこいい大統領」として振る舞うことができる。
でも恐怖を感じる相手なら、カッコ悪い大統領になってしまう。

でも、これは韓国を責めるのではなくて、中国に学ぶべきだと思う。

 

おまけ

下の写真はソウルのもの。
真ん中にある建物を知ってますか?

 

これは「慕華館(ぼかかん)」という。
朝鮮時代、中国皇帝の使者をここで迎えていた。
慕華とは、「中国を心から慕(した)う、尊敬する」という意味。

くわしいことはこれを見てほしい。

中国に対する事大・中国に対する服属を象徴する施設であった。

慕華館

中国に対する韓国の苦手意識は、長い歴史の産物だ。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国与党「(日本は)最低限の恥も知らない」。よし、覚えた。

韓国のサード配備に中国がなぜ激怒?反対し制裁する理由とは?

一線を超えた韓国:文大統領の「徴用工に個人請求権」に日本が猛反発。

慰安婦問題で今の日本人が知っておくこと。謝罪も罪悪感もはいらない。

日本と韓国の違い:法治国家と人治国家。法より情緒優先の国。

慰安婦問題:福沢諭吉が今の韓国を見たら、きっとまた怒る。

日韓歴史戦:日本の強みは、韓国の間違いを指摘して事実を示すこと。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。