日本人と蛙:弥生時代は神様へ、明治はカレー、平成は刺身?

 

ネットをながめていたら、こんな記事を見かけた。

「邪馬台国の人はカエルを食べた? 奈良・纒向遺跡で骨が大量出土」

マジか?と思って見てみたら、それはNHK NEWS WEBの記事(2019年04月25日)だった。

纒向遺跡でカエルの骨 祭祀用か

奈良の桜井市(邪馬台国の有力な候補地でもある)の纒向(まきむく)遺跡で、カエルの骨が見つかった。どうやら3~4世紀ごろ、ここでおこなわれた祭祀でカエルを神様への「お供え物」にしたらしい。

同志社大学教授はこう見ている。

「地面をふんばって跳びはねるカエルは、古代、大地の主とされ古代中国では、霊力のある動物とされている。そのカエルが供えられたことを示す具体的な資料で、当時の祭祀を知るうえで貴重な発見だ」

 

なるほど。弥生人はカエルを神にささげていたのか。
で、その時代の日本人はカエルを食べてたの?

結局、「邪馬台国の人がカエルを食べた」という記述はNHKの記事には一行もなかった。
なんだよ見出し詐欺かよ。
ネットを見ると、同じように釣られた人がたくさんいる。
でも、祭祀やお供え物はどーでもよくて、「食用としてのカエル」で話が盛り上がっていた。

・昭和にも食用ガエル輸入してたじゃん
失敗して捨てて野生化したが
・ジャカルタいた時だけどよくデパート行くたび、ねだって買ってもらってたわ
・中華料理店で酢豚だと思って食べてたら、カエルだった。
・ずっと昔、沖縄に行ったとき、カエルの足の水煮缶詰を売ってた。
・そういや諏訪大社でもカエルを生け贄にするよね。
・どっかの居酒屋でスズメとセットで食べた

ベトナムとカンボジアに行ったとき、ボクもカエルを食べたことがある。
といってもから揚げのような揚げ物でスパイス(?)が強かったから、「カエルの味」というのはよく分からなかった。
カエルの「もも肉」はよく、鶏肉と似ているといわれる。
そう言われてみれば、ささ身のような感じだった気がする。
マズくはなかったけど、もう一度食べたいとは思わない。

中国や東南アジアではカエルはわりとポピュラーな食材で、そこらの市場でも買える。
だから弥生時代の日本人が食べていても驚きはしない。

 

韓国のソウルで「ポンテギ(カイコの蛹(さなぎ)をゆでて味付けしたもの)」を見たときのほうがショックは大きかった。
カエルは食べられたけど、これは無理。

 

弥生時代は知らないけど、いまの日本にはカエルを食べる文化はない。
でも明治時代、日本にカレーが伝わったときには、カレーの具材としてアカガエルを入れていたという。
そのことをこの記事をどうぞ。

日本人の食文化:江戸は犬肉を、明治はカエル入りカレーを食べていた

いまの日本で「カエルカレー」はあり得ない。
日本に来たヒンドゥー教徒のインド人がビーフカレーに驚いていたけど、どっちが衝撃的なんだろう?
ちなみに、南インドには牛肉入りのカレーもある。

食用としてのカエルについて、個人的に一番驚いたというか、「日本の名誉のためにそれはやめてくれ!」と思ったのが、東京のすし屋が出していた「カエルの生きづくり」。

イギリスメディア、デーリーメール に「最悪に気持ち悪い食べ物?」と、そのグロい料理を紹介する記事(21 August 2014)がある。

The most disgusting meal ever? Japan restaurant serves up bullfrog that has been stabbed, beheaded and skinned alive but still twitches on the plate – with a slice of lemon

ここはすし屋だけど、ゲテモノもあつかっているという。
いまでもやっているのかは分からない。
とりあえず記事を見てみよう。

It shows a chef in a restaurant in Japan, stabbing, beheading and skinning a live frog to serve as sashimi and has sparked outrage online.

 

日本のレストランで料理人がカエルの首をはねて、生きたままカエルの皮をはぐ。そして「刺身」として客に提供する。これをショーのように、客の目の前でするのだ。
「本当にこれは日本の店か?」と信じられなかったけど、記事にはその店の動画と画像がある。
*自己責任で見ておくれやす。

さばかれたカエルは足をピクピク動かして、カメラに向かってまばたきをする。
「一口サイズ」にカットされたカエルの肉のかたまりに、レモンをそえてオシャレを演出するってバカですか?気は確かですか?
最後にカエルの頭部をのせて出来上がり。
何だか分からないけど、こんなのは刺身じゃないし、日本料理と一緒にされては困る。
これならポンテギのほうがいい。

この様子をユーチューブで見た人は、「Viewers respond in anger and disgust at the cruel way the animal is treated」と動物虐待で怒り心頭だ。

 

日本にはむかしからカエルがいて、日本人との付き合いも長い。

弥生時代は神様へのお供え物。
明治時代はカレーの具。
そして平成は刺身。

いまが最悪じゃん。
カエルを生で食べようとする発想は理解できないし、そのせいで日本に対する偏見が世界に広がってしまう。
この3つを並べると、弥生時代の日本人が一番民度が高いように見える。

 

こちらの記事もどうぞ。

「飢え」が変えた食文化。日本と世界(ドイツ・カンボジア)の例

ヨーロッパ 「目次」

日本 「目次」

東南アジア 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。