韓国の定説「日本人の嫌韓感情の始まりは、天皇謝罪要求」

 

朝鮮日報が「三種の神器(2019/05/02)」というタイトルのコラムで天皇について書いている。

そこでは、「天皇は国の象徴であり、神道という国家宗教の最高の祭祀(さいし)長だ」と早速間違っている。
神道が日本の国教(国家宗教)というのは戦前戦中の話で、いまの日本は政教分離で国家宗教なんてものはない。
国教というのは、たとえばサウジアラビアにとってのイスラーム教がそうだけど、いまの日本にそんな宗教があわるわけない。
でもこのコラムを載せるまでには複数の人間がチェックしているはずだから、韓国人の目にはそう映るんだろう。

この「三種の神器」というのはもちろん、天照大神が授けたといわれる「剣・勾玉(まがたま)・鏡」のこと。これはテレビで見た人も多いはず。
未来学者のアルビン・トフラーはこれを「暴力・富・知識と解釈したこともある」という。これは初めて知ったけど、暴力ではなくて「力」ではないか?
徴用を「強制徴用」と書くように、「暴」は韓国側が勝手に書き足したものじゃないか?

まあそれはいいとして、あるフランスの学者は天皇について「すべてがその周囲を回る神聖な無だ」と表現したとある。
天皇には政治的権利がないから、その意味では無の存在だ。
いまの韓国人には「日本全体が天皇を中心に回っている」と見えるらしい。

そしてここが肝なのだけど、日本で嫌韓が広がった原因についてふれている。

天皇に対する日本人の忠誠心を想像するのは難しい。日本人の嫌韓感情が触発されたのも、韓国で天皇に対する謝罪要求が出てきてからだというのが定説だ。この秩序整然としながらも、内面が複雑で不思議な国とうまくやっていくのは決して容易なことではない。

またまたご謙遜を。
不思議度でいえば、日本が韓国にかなうはずない。

それにしても、いまの日本人は天皇に対して敬意や好感を持っているけど、想像できないほどの忠誠心なんてあるだろうか。どうも的外れ感がハンパない。

でも、天皇に対する謝罪要求で日本人の嫌韓感情が生まれたという指摘については、もろ手をあげて賛成だ。こんな的確なことを言われては、一言の反論もできない。

それは外務省ホームページ「大韓民国 最近の韓国情勢と日韓関係」を見れば一目瞭然。

 

それまで韓国への好感度が上がっていたのに、2012年をさかいに急落している。
韓国に「親しみを感じる」と「感じない」が逆転してしまった。
このときから日本では韓国への熱が冷めて、嫌韓が熱くなっていく。

これは当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が悪い。
彼がおこなった竹島上陸と天皇への謝罪要求は決定的だった。
李明博大統領は天皇を「日王」と呼んでこう言った。

「痛惜の念などという単語ひとつを言いに来るのなら、訪韓の必要はない」「(日王が)『痛惜の念』などという良く分からない単語を持ってくるだけなら、来る必要はない。韓国に来たいのであれば、独立運動家を回って跪(ひざまづ)いて謝るべきだ」と謝罪を要求する発言を行った。

韓国による天皇謝罪要求

ちなみに大阪生まれの李明博さんは、日本には「謝罪や反省は求めない」と言っていたのだけど、結局は反日サイドに堕ちてしまった。韓国の大統領はそんなんばっかだけど。

 

日本人が韓国嫌いになった原因は竹島上陸よりこっちだろう。
いまの日本人の嫌韓感情が生まれたのは、「韓国で天皇に対する謝罪要求が出てきてからだというのが定説だ」というのは全方面で正しい。

だったら、そういうことが分かっていながら、なんで「戦犯の主犯の息子」と呼ぶのか?

それは中央日報の記事(2019年02月12日)のこと。

「天皇、慰安婦に謝罪」文喜相氏の発言に日本ネットユーザー「逆鱗に触れた」

「歴史を忘れた民族に未来はない」って言葉は韓国人の大好物じゃん。
7年前のことぐらい覚えときなよ。

このことは次回に書きます。

ちなみに、「歴史を忘れた民族に未来はない」という言葉は韓国の独立運動家・申采浩(シン・チェホ)のものといわれているけど、実際にはそんな記録がない。彼の著書にこんな言葉はのってない。
由来を忘れた民族にどんな未来があるんだろう。

 

こちらの記事もいかがですか?

嫌韓が増える理由、こういう韓国人が日本を怒らせる

韓国人の日本の文化への見方とは①小学校の歴史教科書から

恋愛事情にみる韓国人との違い①日本人の男は情けない!?

韓国の除夜の鐘①ソウルの普信閣・鍾路・明洞の観光(歴史)案内

過去に対する認識の違い:水に流す日本人と掘り起こす韓国人

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。