日本の中学生に見せられない「韓国の嫌な部分」は異常な反日?

 

後戻りできないほど日本が怒ったのは、韓国による二度の約束違反が原因だ。

韓国の最高裁判所が元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じて、韓国政府は慰安婦財団の解散を発表する。
これに日本が激怒して日韓関係の土台は崩壊。
すると韓国側は、「歴史や政治問題とそれ以外の問題は分けて考える必要がある。政治的には悪化しても、市民交流や文化交流は絶やしてはいけない」と日本に訴える。

でも日本が対韓輸出の管理を強化をすると、韓国側はこれに激怒して、各自治体は日本との交流を次つぎと中断・中止した。

ムン大統領と同じ与党「共に民主党」に所属する釜山のオ・ゴドン市長は、交流中断を政治的な理由によると明確にしている。

産経新聞の記事(7/28)

釜山市は「日本の不当な経済報復措置を知らしめ、文在寅(ムン・ジェイン)政権と共同で対応するため」と説明している。

釜山市が日本との行政交流中断

市民の交流を中断させるという形で、日本に圧迫する手段は不当ではないらしい。
さすがは「反日無罪」の社会だ。

 

 

さて、「精選版 日本国語大辞典の解説」で「恥部」という言葉を見ると、「恥ずべき点。人に見られたくないみにくい部分」と書いてある。
韓国の自治体のなかには、韓国社会の「恥部」を見せたくないために交流を中止するところもでてきた。

高知県と佐賀県の中学校の生徒が韓国の全羅南道(チョルラナムド)を訪れて、現地の中学生約50人と合宿を行い、英語で交流する予定だった。
でもその直前、交流中止の連絡が舞い込む。
韓国側の説明から、いまの現地の様子が見えてくる。

読売新聞の記事(2019/07/31)

「日本の生徒の安全を100%確保できず、生徒が韓国の嫌な部分を見ることで今後の交流事業への影響も懸念される」

「嫌な部分見てしまう」韓国側から訪韓研修の中止連絡

 

生徒の安全確保が約束できない状況なら仕方ない。
でも、日本の中学生が韓国の嫌な部分を見てしまうから交流を中止するという。
「日本の不当な経済報復措置を知らしめるため」という理由で、中止を言い出すのならまだ理解できる。1ミリも共感できないけど。
それはわかるけど、こんな理由で日本の中学生を受け入れられないというのは初耳だ。
戦後最悪といわれる日韓関係から考えて、「韓国の嫌な部分」といえば反日面しかない。
いまの韓国はどうなっているのか?

 

テレビやネットでは、こんなデザインがされたプラカードを持って数百、数千人の韓国人が反日デモをしている様子をよく見る。
これも、日本の中学生には見せたくない「嫌な部分」だろう。

 

 

いまネットには、反日感情による日本製品不買運動のニュースが山ほどある。
ここでは最新のJBpressの記事(2018/8/1) を取り上げようと思う。

韓国社会では「反日」世論が国民的支持を得て拡散し続けている。特に、韓国人の7割が「日本製品不買運動に参加している」という世論調査結果が出るほど、「ボイコット・ジャパン」は若者の間で流行りとなっている。

韓国で横行、日本製品利用者への「売国奴」認定

 

韓国では、日本旅行をする国民は「売国奴」のあつかいを受けている。
SNSでそうした韓国人を探し出し、日本の観光地や食べ物の投稿に「売国奴」「土着倭寇」「日本旅行に行って放射能料理をたくさん食べたか」といったコメントを書き込んで追い込む。

インターネット掲示板にはこんな書き込みがあるという。

「ユニクロの前に立って中に入る人たちをにらんでやった」
「ユニクロから出てくるカップルにカメラを突きつけたらショッピングバッグを隠した」
「スーパーで日本ビールを買う人に『それでも韓国人なのか!』と大きな声を浴びせて恥をかかせてやった」
「スーパーで販売している日本ビールを全部買って一日じゅう炎天下に放置し、店を閉める直前に全部返品した」

ネットの書き込みだから内容の真偽は分からないけど、それでも、いま韓国社会は異常な反日で盛り上がっていることは想像できる。

韓国で3番目に大きい大邱(テグ)市にあるスーパーでは、日本商品の特設コーナーをつくって、「買うなら、どうぞ買ってみてください!」という言葉を表示してこんな商品を置いた。

アサヒの発泡酒「プライムリッチ」500㎖が1缶で198万ウォン(約17万8000円)
サントリーのチューハイ「ほろよい」350㎖1缶99万ウォン(約8万9000円)
東ハトのお菓子「チョコビ」が1箱185万ウォン(約16万6000円)

あり得ない値段設定の理由は、「日本製品を購入する消費者を明らかにからかうパフォーマンスなのだ」という。
ハッキリいえば、日本の商品やその購入者をバカにしているのだ。
でもこれが市民に受けて、メディアで紹介されるのが韓国社会の現状。
これを「行き過ぎている」、「感情的だ」と非難する韓国人もいるけど、社会を動かすほどの勢力はない。
逆に「売国奴」と叩かれるだろう。

全羅南道の関係者が、日本の生徒が目にすることで「今後の交流事業への影響も懸念される」というのも、こうした反日感情の盛り上がりだろう。

 

スーパーでこれを16万6000円で売っていたら、中学生でも異常と思うはず。

 

こうした情報はすぐに日本にも伝わる。
ヤフーニュースに出ていたから、かなり多くの日本人が見ている。

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • 市民交流や文化交流は絶やしてはいけないと言っていた国が不都合になると途端に態度を変えるんですね~。
    まあ以前からわかっていたことですが。
    しかしスーパーの考え方に笑ってしまう。 あの値段じゃそもそも誰も買う人なんていないでしょう。
    からかうんなら特売にすればいいのに。 「セールになったら日本製品でも買うんだ!売国奴!」って罵れるのにね~。
    韓国人は来るなという人もいるけど例え観光に来ても「この時期に度胸があるね~」と労う人が多いだろう日本。 盆休暇に韓国旅行に行くけどちょっと心配と言ってる人をニュースで見ました。 その人たちが韓国で嫌な思いをしないといいなと思います。

  • レクサスを街中で叩き壊したり、ソウル地下鉄に日本不買のステッカーを貼ったりいろいろ考えますね。
    ツケは後で払ってもらいますけど。
    韓国語が分からなかったら、不愉快な思いはしないと思います。
    でもいまの韓国社会の様子はひどそうだから、保証できませんけど。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。