【日韓関係】韓国から見たいまの日本「思いやりがなく、高圧的」

 

国家間の約束も国際法も守らない。
それでいて、日本には「心からの謝罪」を要求する。
そんな高圧的で一方的な韓国はいま日本にこう思っていた。

中央日報の記事(2019年09月15日)

韓国大統領外交安保特別補佐官「いまの日本は高圧的で一方的」

万感の思いを込めてツッコミたいところだけど、ひとまずそれはおさえて、ムン・ジェイン大統領統一外交安保特別補佐官が韓国メディアに話したことを見ていこう。
これがいまの韓国政府の見解と考えて間違いない。

まずは、韓国に対する日本の愛のなさを嘆く。

韓日ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の日本は高圧的で一方的だ

 

こういう言い方をすると、まるで韓国が、かつて日本の立場になって考える気持ちがあったかのようではないか。
そんな事例が思いつかないのだが?

 

歴史問題については、意外なことに韓国側が疲労を感じていた。

(両国)指導者間の不信もある。歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムンジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ

 

韓国と日本、安倍首相とムン大統領を入れ替わると、日本では文章の意味が通じる。
安倍首相は韓国に、約束と国際法を守ってほしいとしか言っていない。
徴用工問題や慰安婦問題などの歴史問題はむしろ、「すでに解決していることを蒸し返すな」という思いのはずだ。
大統領統一外交安保特別補佐官の目には何が映っているのか。
疲労を感じているのは日本の政府と国民なのだが?
でもムン大統領が疲れを感じているのなら、体に悪いから、いっそのこと全てを諦めてもいいんだよ。

 

「戦後最悪」といわれるほど悪化したいまの日韓関係の直接的な原因は、きょねん10月の徴用工裁判の判決だ。
韓国最高裁は1965年の韓日請求権協定をひっくり返して、日本企業に賠償を命じた。
日本はすでに韓国側に十分なお金をわたしているし、国家間の合意を一方の国が一方的に破ることは国際法で禁止されている。
韓国は世界の法と秩序に反した。
でも大統領特別補佐官は、韓国政府がことし6月に出した対応策にふれて、「韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった」と日本を批判する。

そうは言うけれど、この対応策というのは韓国政府だけがよろこぶお粗末な案だった。
日韓の企業が自発的に慰謝料を用意して原告側に支払うというもので、韓国政府の姿はそこにはない。
これでは、国際法違反の状態がまるで解決されていない。
絶対にのめない案を提示して、日本がそれを受け入れたら、韓国政府は日本との協議に応じるという。
日本政府が即時拒否したのは、これ以上ないほど当たり前。

でも韓国側は、「文政権は朴氏弾劾の民意から生まれた。こうした法的、政治的な敏感さを日本が少しでも理解し、特別法制定など解決に向けて協力すれば『共通の代替案』を見いだすことができると思う」などと都合のいいことを言う。

また過去の歴史問題では「心からの謝罪はなかった」とする韓国に、日本では「謝罪疲れ」が広がっている。「それが問題の本質」と韓国側は見ている。
本質かどうか知らないけど、現象面としては合っている。
たしかに日本は疲労困憊だ。

 

好きなことを好きなように言っているけど、いま韓国側が日本に言いたいのはこういうことだ。

「相手の立場になって考える気持ちがない。」
「韓国の人々の心情を考えない。」
「韓国側の敏感さを日本が少しでも理解しない。」

「約束と法を守ってほしい」と言い続ける日本を見て、韓国は「高圧的で一方的だ。少しも思いやりがない」と憤慨する。
そしてムン大統領は疲れを感じて、諦めかけている。
かといって、日本が国際法違反を認めることはできない。
いまの日韓関係がこんな状態だったら、話し合いは不可能だ。
話し合いの前提が整っていないのだから。

 

今回のムン大統領特別補佐官のことばで共感できたのはこれだ。

世代が変われば状況も変わるとの見方もあるが、日本では修正された教科書で学んだ世代もいて、韓国では民族主義が強まる傾向にある。反日、反韓は若い世代の方が強くなるのではないか

 

前半部分はもうツッコむ気も失せたけど、反日と嫌韓の傾向がこれから強くなるという見通しは正しいと思う。
いまの日本では、根拠のない説は否定されつつある。
「日本軍によって朝鮮人女性が強制連行された」とか「少女が性奴隷にされた」なんて説はもうほとんど通じない。
証拠を度外視して、何が何でもこれを支持するという人はいる。
それに対して韓国ではこういう説が定説となっていて、否定される動きがほとんどない。
むしろ強固になっていると思う。
ムン政権の韓国ではいま、「民族主義が強まる傾向にある」ことは疑いない。
そんな両者がお互いの考えを知ったら、反発は強くなるだろう。

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • 思いやりがなく、高圧的
    誰だそれ、うちのかみさんか?

    アメリカとか諸外国から見たら、日韓の対立なんか、夫婦喧嘩くらいにしか見えないのかもしれない
    色々あるけど仲良くしなきゃ

  • アメリカや諸外国では、関係者か関心のある人しか日韓の争いは知らないと思います。
    ヨーロッパではそんなことより移民問題やイギリスのEU離脱のほうが大事ですし、アメリカ国民も他に重要なことがあります。
    だから日本も諸外国に主張をアピールしないといけないのですけど、そうすると韓国との対立が激化するから及び腰でした。
    それでも最近は変わったと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。