旭日旗をどう見る?過去に縛られる韓国と大人の中国

 

韓国は強気だけど、ひとりに弱い。

韓国の人たちは旭日旗を見ると「戦犯旗」と呼んで非難する。
東にこの旗を上げる人がいたら「上げるな」と言ってやり、北にこの旗を振る人がいたら「つまらないからやめろ」と言ってあげる。
みんなに「でくの坊」とよばれ、ほめられることせず、苦にもされず…
まあ、あとは雨ニモマケズを見てほしい。

スポーツ・スタジアムで旭日旗をかかげる人を見つけたら、国際サッカー連盟や国際オリンピック委員会に抗議するぐらい韓国は積極的でアグレッシブだけど、「そんな国は韓国だけ」と言われることをとても嫌う。
それで韓国はよく中国を引っ張りこんで、勝手に仲間にしてしまう。

来年の東京オリンピックでも旭日旗をなくすために、国会文化体育観光委員会のアン・ミンソク委員長(国会議員)が中国と共闘しようと鼻息を荒くする。

中央日報の記事(2019.09.04)

安委員長は東京五輪で旭日旗の使用を阻止するためには過去に日本から侵略被害を受けた中国や北朝鮮を中心に国際的な連帯を模索する必要があると説明した。

旭日旗がはためく東京五輪になるのか…韓国与党議員「中国・北朝鮮と共同対応」

 

さて中国は韓国と「反・旭日旗同盟」を組むかどうか。
それは無理だろう。
「人の夢」と書いて儚(はかな)いと読むようなものだ。
いまの中国は冷静で現実的だから。
「反日度」では世界で韓国だけが突き抜けていて、中国は我関せずで別の道を歩いている。
これからその「温度差」を書いていこうと思う。

 

 

韓国は旭日旗を日本の「侵略戦争」や「軍国主義」を象徴していると非難する。
それできょねん韓国海軍がおこなった観艦式では、海上自衛隊が艦船に旭日旗をかかげて参加することを断固拒否。
でも海上自衛隊の艦船がこの旗をあげることは国内法で決められているし、国際的な慣習にも合っている。
韓国側が持ち出したのは国民感情だった。

ハンギョレ新聞の社説(2018-10-02)

日本政府は韓国国民の感情を考慮して旭日旗を掲揚しないのが正しい。日本は「旭日旗は自衛隊艦旗で、艦旗掲揚は日本国内法令上の義務」として我々の要求を「前例のない行為」と言うが、居直り型の主張でしかない。

真に平和・共存を望むなら旭日旗降ろすべき

 

旭日旗が日本の「侵略戦争」「軍国主義」を象徴しているという見方は中国にもある。
でも中国が「あなたとは違うんです」という態度をはっきり見せたのは、ことし4月におこなわれた中国軍主催の観艦式だ。
韓国がガンとして認めなかった旭日旗を掲揚を中国は問題視しなかった。
海上自衛隊は何事もなく観艦式に参加して、習近平国家主席の前をすんなり通り過ぎた。

それを報道する韓国紙・朝鮮日報はどんな気持ちだったのか。(2019/04/24)

中日戦争(日中戦争)で日本軍の陸戦隊が上陸した青島の沖で日本の艦船が80年余り前と同じように旭日旗を掲げ、中国の最高指導者の前を堂々と航行した。

中国海軍70周年観艦式にはためく旭日旗、中・日の雪解けアピール

 

「韓日関係は最悪の状況だが、中日関係は雪解けが進んでいる」という現実を目の当たりにして、なんで東京五輪での「反・旭日旗同盟」が組めると考えられるのか。

 

 

日本の時事通信の報道を見ると、違いはもはや歴然。(2019年04月25日)
*「同艦」は海上自衛隊の護衛艦「すずつき」のこと

同艦は、韓国が「旧日本軍を想起する」と批判する自衛艦旗である旭日旗を掲揚したが、対日関係の改善を急ぐ習近平指導部は問題視しなかった。

海自艦に好意的報道=旭日旗、問題視せず-中国

 

中国共産党の機関紙・人民日報系の環球時報は「すずつき」について、「近代的で実戦的」「日本は細かく準備していた」と好意的に報道した。

「日本政府は韓国国民の感情を考慮して旭日旗を掲揚しないのが正しい。」と韓国は言っていたけど、一般の中国人の反応はどうか?
「中国 観艦式 旭日旗 記念撮影」で画像検索してほしい。
日の丸と旭日旗と一緒に、笑顔を浮かべて記念撮影を撮る中国人が見れるはずだ。
このときは1日で約5000人が来たという。

大人の対応を見て韓国は自分を見つめなおす。

中央日報の記事(2019年04月22日)

韓国政府は昨年10月、済州(チェジュ)国際観艦式の時に旭日旗の掲揚を許さず、結局日本の艦艇は参加しなかった。韓国が過去に縛られている反面、中国はこれを克服する姿を見せたといえよう。

活発な日中、露朝の親密な結合はただの他人事なのか=韓国

過去に縛られて旭日旗を「戦犯旗」と非難しているのは世界で韓国だけ。

 

いまの中国は韓国ともむかしの中国とも違う。
だから韓国と同レベルで「反日」と考えるのは明らかなまちがい。
それに中国の強大な経済力は日本のメリットになっている。
ノージャパン運動で韓国人観光客が激減したけど、その穴埋めを中国人観光客がしてくれた。
日本製品不買運動ではユニクロがターゲットにされたけど、中国での売り上げが絶好調で過去最高の収益をだすことができた。

中国も内心ではどう思っているか分からないけど、中国は旭日旗を「戦犯旗」と呼ばないし海上自衛隊を歓迎した。
お互い友だちにならなくても、メリットが続く限りは手を組んだほうがいい。

それは、隣人が過去から解放されるきっかけになるかもしれない。

中央日報の記事(2019.10.08)

韓日関係が悪化の一途をたどる中、日中関係は改善の動きがさらに目立っている。

韓国とは壁を作る日本、中国と10年ぶり新たな関係設定「共同宣言」準備

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ。

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • もし中国が民主化したら、ソ連と同様に国が分裂すると考えられますが、その前に中国共産党の解党が先ですし、近年は自民党化(派閥化)が進んでいるようですが、中国共産党は世界一党員が多いですから当然かもしれません。
    個人的には、満洲・台湾・内モンゴル・チベット・ウイグルは独立すると思いますが、やはりあの国を纏めるのは共産党の一党独裁が必要不可欠です。
    また、台湾に関しては、中国は「台湾は中国の一部」台湾は「台湾は一つの国」と主張し、日本側の場合、政府は中国寄り、国民は台湾寄りです。

    因みに朝鮮半島は南北統一より中国の領土になる方が現実的のようです。
    歴史的に朝鮮半島は中国の属国で、国名は「中華人民共和国朝鮮自治区」或いは「中華人民共和国朝鮮特別行政区」になるかもしれません。

  • むかしインドを旅行中、北京大学に通う中国人と会いました。
    彼はインドの民主主義を見て、「これじゃ中国はまとまられない。共産党には欠点があるけどいまの中国には必要だ」という思いを強くしたと話していました。
    上海で会った中国人ガイドは生活が豊かなになればどんな政治でもいい、と現実的な意見を持っていました。なんだかんだ言って、共産党体制は変わらないと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。