【恩を仇で返された】日本が韓国とうまく付き合えない理由

 

日本が韓国と付き合っていて疲労を感じるのが、韓国側が勝手に期待してひとりで失望して、その挙句日本に不満を言うこと。
つい最近もそんなことがあったから、これからそんな隣人のことを書いていこうと思う。

先週11月4日にタイで開かれた「東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議」が始まる直前のこと。
ひかえ室に安倍首相が入るとそこには韓国のムン大統領がいて(待ち構えていて)、話をしませんか?と呼びかけた。
安倍首相がそれに応じて、会議が始まるまで10分ほどソファーに座ってことばを交わした。
日本にとって大事なのは首脳会議で、これは想定外のちょっとした接触にすぎない。

でも韓国側はこれを「歓談」と位置付けて重要視する。
青瓦台(大統領府)のホームページを見ると、このときの写真と「歓談内容」が掲載されている。

*青瓦台ホームページのキャプチャー

 

これは予定にない偶発的な対話だったから、日本は重視しなかった。
でもこの温度差に韓国側が不満を言う。

中央日報の記事(2019.11.07)

首相官邸のホームページにも各国首脳との会談およびオブライエン補佐官との対話写真は掲載されているが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と交わした「ソファ対話」の写真は見当たらない。

青瓦台は「ソファ対話」の写真載せたが…日本外務省ホームページからは「文」排除

 

各国首脳との会談およびオブライエン補佐官は正式な会談だから、首相官邸のホームページに載るのは当たり前。
ひかえ室での”前座”をなんでこれらと同じレベルと考えるのか?
文(ムン)大統領を「排除」と言うけど、外務省ホームページにその写真があったかは謎。
最初から掲載していなかったのでは?
ハッキリ言えば、重要性のないものは眼中にないから。
そもそもこの対話はムン大統領が”奇襲的に”誘いをかけて実現したもので、大した内容の話はしていない。
その挙句、「こっちは大統領府のホームページに載せたのに、日本は首相官邸のホームページに載せなかった」と文句を言う。
韓国は勝手に期待してひとりで失望して日本に不満を言う、というのはこういうこと。

 

朝鮮日報のこの記事(2019/11/08)もそうだ。

代表的な知日派と言われる李洛淵首相が日本政府に対して不快感をあらわにしたのは異例のことだ。

日本政府に不快感あらわにした「知日派」李洛淵首相

李首相と安倍首相が行った会談について、日本は韓国ほど重要視しなかった。
実際あのときも、日韓関係を変えるような大きな内容はなかったから。
でも、自分と同じレベルでとらえないと怒り出す。

 

いつもなら「やれやれ、困った隣人だ。大韓民国の構成要素は不満と愚痴と文句かな」と言って終わるところだけど、今回の件では続きがあった。
ヤフーのトップニュースにこのとき韓国がおこなった所業が書いてある。

 

 

じつは韓国側は日本に無断で「ソファ対話」の写真を撮って、大統領府ホームページに公開していたのだ。
個人のSNSレベルででもこれはルール違反。
複数の日本政府関係者は「あれは信義則に反する」と怒っている。

産経新聞の記事(11/8)

いわゆる徴用工判決で生じた日韓請求権協定違反を是正することなく日韓関係を改善させたい韓国が、一方的に首脳間の対話を内外に示そうとしたためだが、日本政府は用意周到な韓国側の“不意打ち”に対韓不信を強めている。

日韓首脳対話 無断で撮影 韓国が周到に準備、不意打ち

 

そもそもこの写真が撮影されたというのが不可解。
というのは、このひかえ室に入ることができたのは各国首脳とその通訳だけだったから。
記事によると、このとき「韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長」がいて日本に勝手に撮影したという。

つまり、すべては韓国の手のひらの上。
ムン大統領が安倍首相に呼びかけることから写真を撮って公開することまで、韓国が入念に準備・計画していたのだ。
これじゃ不意打ちというより、だまし討ち。

ムン大統領の誘いに応じたら、無断で撮影されて全世界に公開されてしまった。
韓国側は謝罪するどころか、「(日本には)「ソファ対話」の写真は見当たらない」と文句を言う。
「あれは信義則に反する」という日本政府内の空気をまるで分かっていない。
プライベートでこんな人間がいたら、もう付き合っていられない。

韓国の申し出に好意に応じた結果がこれ。
「恩を仇で返す」ということわざの最適事例をありがとう。
こんなことが今回初めてではないのだから、日本と韓国がうまく付き合えない理由がよくわかる。

これに対する韓国の反応はというと、「ガタガタ言うな」らしい。

中央日報の記事(2019.11.08)

韓日首脳歓談を「鄭義溶室長が無断撮影」…日本が難癖

 

これはきょう(11月8日)のこのブログへの検索キーワード

好意を見せると付け込まれて最大限、利用される。
そんな相手とはことばを交わすだけでリスク。
そんな認識が一般国民にも広がっている。

 

おまけ

これは大統領府ホームページで見つけたもの。(キャプチャー)

慰安婦合意と日韓請求権協定のすべてを守った日本に対して、約束を破った側がこうのたまう。
英語版では世界にこう主張している。
これも「恩アダ」の一事例だけど、口では「われわれは未来志向の韓日関係を希望する」なんて言う。
でも最近は、「そうこなくっちゃ、韓国じゃない」という気がしてきた。

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ。

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • ヤフートピックのそのタイトルは見ましたが中身は見てませんでした。
    何となくわかっていたことだけどやっぱそうだったか(笑)

    ちょっと「あれ?」と思った別の話になります(^^ゞ
    私はUQモバイルなんですが機種変したいなぁと思ってるところでして~最新号のカタログを持って帰りました。 見てて気がついたんですけど~
    GalaxyA20の紹介のページなんですがSamsungって書かれてないんです。
    oppoやHuaweiは機種名に社名がついてますから隠しようがないですが「By○○」と社名が機種の写真の下に載ってます。 XperiaとAQUOSは当然のこと載ってます。
    まあ最後の一覧表にはしっかりとSamsungとメーカー名が載ってますが。
    UQモバイル忖度したのかな?(^▽^;)

  • まえにSamsungがロゴを隠して販売したことが話題になりました。
    いまでもそんなことをしてるのかな?
    Galaxyだったらみんな分かるだろうし、無意味な気もします。
    でも、マーケティングを考えたらそれがいいんでしょうね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。