韓国の官民一体となった反日活動と文大統領の「最善を尽くす」

 

韓国の首都ソウルにある日本大使のまわりの壁に張られたこのポスター。
防護服を身をつつんだ聖火ランナーが東京の国立競技場を走っている。

 

   

ツイートの画像のキャプチャー

 

防護服の肩に見えるのは放射能標識で、これはきょねん韓国で全国的に行われたノージャパン運動でもよく見たものだ。

競技場の後ろには、原発が煙をはき出しているのが見える。
本当に悪意にはぬかりがないポスターだ。
これは実在しない放射能の恐怖を世界に広めるために、韓国の反日民間団体「VANK」などが作成してはったものだ。
政治的メッセージのためにオリンピックエンブレムを不正使用したと国際オリンピック委員会(IOC)も問題視したこのポスターは、日本で大騒ぎになるとやっと外された。(=韓国政府は黙認していた)
でもそれは日本大使館の周辺のことで、「VANK」はいまでもこのポスターを使っている。

日本を侮辱して貶める「ディスカウントジャパン運動」は前から行われていたけど、これはさすがにやりすぎだろう。

韓国による国際社会における日本の価値や評判を下げて、日本の地位失墜をめざす運動のこと。2005年に韓国のインターネット運動組織であるVANKが宣言して以降、様々な運動が実施されている。

ディスカウントジャパン運動

 

反日活動をしたVANKの言い訳は、「五輪参加者らの健康と安全を守るという公益のためにパロディーとして作った」というもので、いまでもフェイスブックへの掲載を続けている。
「現実とは全く異なる。あってはならないことだ。あらゆる手段で強く抗議している」という日本の抗議なんてまるで聞いてない。
ただこれには日本にも責任があって、ぬるい抗議をするから何も効かない。

問題なのは韓国政府がこの反日活動を黙認している点で、産経新聞が社説(2020.2.19)がこう指摘する。

韓国内の報道などによれば、政府系研究機関を通じた財政的支援を受けているとされ、過去には大統領表彰も受けている。政府と無縁の組織とはいえない。(中略)韓国政府に静観を許してはならない。(中略)韓国側が一体となった反日運動であるとの疑いが拭えないからでもある。

防護服の聖火走者 韓国政府に見解をただせ

 

韓国への忖度がなければ、これは韓国の官民一体となった反日活動とみて間違いないだろう。

でも、もう大丈夫。
文大統領がこう約束したのだから、身内の恥は政府が片付けるはず。

中央日報の記事(2020.02.07)

文大統領「韓国政府は東京五輪成功のために最善を尽くす」

大韓民国大統領の力を持ってすれば、こんな反日運動はお茶の子さいさいポポイのポイですぐ終わる。
もし、これで何の変化もなかったら、この言葉もVANKの言い訳と同じでただのパロディーだ。
徴用工訴訟問題では「三権分立」という国内事情を一方的に主張して、国際法違反の状態を黙認してきた。
「最善を尽くす」と言って、いざとなったら「できない理由」を言い出して再び責任放棄をするのなら、この人はまた自分にウソをついたことになる。

不安要素はあって、文大統領は自分を支持する人たちなら、なかば“暴力的”な行動も容認してしまうからいま韓国でそれが問題になっている。
朝鮮日報の記事(2020/02/19)
*ムンパは文大統領の支持派

政界では「文大統領と与党指導部がこうした勢力の逸脱行為を正さず黙認してきたせいで、問題がさらに大きくなっている」との指摘が出ている。

文大統領・党指導部の黙認が「ムンパ」たちの無差別攻撃を助長

 

「韓国政府は東京五輪成功のために最善を尽くす」と誓った文大統領がこれから見せる男気をしっかり見守ろう。
見せてもらおうか、大韓民国の本気とやらを。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国 「目次」

韓国人「日本人は、謙虚ですね」。日韓の比較・考え方や社会の違い。

海外旅行で気づく、日本人の器用さ・日中韓の箸の違い

日本人「済州島は、恐怖の人喰い島だ!」と、韓国の悲しい歴史

韓国人の「日本文化起源説」の3つの理

韓国料理の世界化!成功したら日本にメリットがあるかも。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。