【腐り切った資本主義文化】北朝鮮のペット・犬肉食事情

 

中国・朝鮮半島・ベトナムの東アジアには犬肉食の文化がある。

日本も江戸時代まではそうだったけど、徳川綱吉の「生類憐みの令」が大きなきっかけとなって犬肉食の習慣がなくなっていき、東アジアからは良い意味で脱落した。

それぞれの国で賛否が分かれるこの食文化。
韓国や北朝鮮では猛暑を乗り越えるエネルギーを得るため、夏のはじめごろにポシンタン(補身湯)という犬肉を使ったスープ(鍋)を食べることが伝統になっている。
汗をかきながらこれを食べるのはもはや初夏の風物詩だ。

 

ポシンタン

 

その北朝鮮で最近、ペットとして犬を飼う行為が「資本主義の要素」と見なされて、当局によって厳しく取り締まられている。

朝鮮日報の記事(2020/08/03)

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が今年7月、国が困難な状況にあるにもかかわらず、平壌市民の間でペットが飼われていることについて「ブルジョア思想に染まった行為、資本主義要素の一部分」として「ペット禁止令」を下したと伝えた。

金正恩委員長「ペットを飼うのはブルジョア」…次々と補身湯店送り

 

国際社会から経済制裁を受けているところにコロナの感染拡大が加わって、いま北朝鮮はとても困難な状況にある。
この「国難」の最中に犬を飼っているのはブルジョア的な非愛国的行為として非難の対象となり、首都ピョンヤンでは国民にペットの犬を差し出させるか、国が強制的に取り上げているという。

そのあと運のいい犬は中央動物園に送られるけど、大体の犬は殺処分され、中にはポシンタンの店に売られて国民が「処分」してしまうこともあるらしい。

この「ペット強制処分事件」に、犬を飼っているピョンヤン市民からは大ブーイング。
「動物にも感情があるのに、金正恩氏は感情もないといった批判が出ている」という状態だとか。

 

もともと北朝鮮ではペットを飼うことに批判的で、「腐り切った資本主義文化」と非難されていた。
でもその後、韓国ドラマなどの影響から、金持ちや社会的地位の高い人たちの間で「ハイステータス」の象徴(要するに自慢)としてペットがブームとなる。
でも自慢された側の一般市民からは、「ぜいたく行為」と見なされて不満の声があった。
だから今回のペット禁止令は、こうした国民のガス抜きの意味が大きいようだ。

犬はペットか食用か?
この見方について、韓国と北朝鮮は逆方向に進んでいる。
韓国で犬はペットとして大事にされていて、犬肉食はだんだん禁止されているけど、北朝鮮は「腐り切った資本主義文化」は排除するけど伝統的な食文化は守っていくつもりらしい。

食用犬の飼育は奨励しているようだ。北朝鮮は犬肉をタンコギと呼び、民族飲食・国宝級飲食として自慢している。

 

まあ日本には関係ない話だから、好きにすればいいですよ。
それより気になるのは、「動物にも感情があるのに、金正恩氏は感情もない」という批判が北朝鮮国内で上がっていて、それを海外メディアが報道する状況だ。
北朝鮮でそんなことを言って大丈夫だろうか。

「ペットがポシンタンの店に運ばれるのを非難したら、自分が強制収容所に送られた」みたいなマンガみたいなオチが本当に起こりそうな国なのに。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

【食文化の脱・東アジア】日本人が犬肉を食べなくなった理由

【中国の犬食】賛成反対の理由は?玉林”犬肉祭り”の現状

イギリス人が韓国の犬食、日本のイルカ/クジラ食に反対する理由とは?

歴史から見る日本の食文化の変化・世界との違いは「天皇」。

旅㉑おにぎりをめぐる日本と中国・韓国の食文化のちがい

 

1 個のコメント

  • >「ペットがポシンタンの店に運ばれるのを非難したら、自分が強制収容所に送られた」みたいなマンガみたいなオチ

    強制収容所ならまだマシな方かもしれないですよ。

    >そのあと運のいい犬は中央動物園に送られるけど、

    ペット犬なんか展示する「中央動物園」って、あるんですかね? よほど珍しいペット犬なんだろう。そんな犬、きっと1000匹に1匹もいないでしょうね。本当に珍しいのは、主席の妹のところにでも差し出されるのでは?

    ま、何と言っても、品種改良で食用犬(チャウチャウ犬)をあえて作り出すくらいなのだから、犬も食用家畜の一つ。その考えが彼らにとっては自然なんでしょうよ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。