「偉大な交渉家」だった文大統領に、韓国国民の怒り爆発

 

韓国からショッキングなニュースが飛び込んできた。

40代の韓国人男性が北朝鮮に近い海域で行方不明となったあと、北朝鮮軍に射殺され、さらに遺体を燃やされたという。

朝鮮日報の記事(2020/09/25)

北が韓国人を銃殺して焼いても…文大統領は33時間沈黙

朝鮮戦争はまだ終わっていないという現実がこれ。

北朝鮮が悪いのは言うまでもないけど、韓国の軍と政府も「共犯者ですか?」と言いたくなるほど、無責任で不誠実な対応をしていたことが明らかになって韓国はいま大騒ぎだ。

まず北朝鮮軍がこの民間人を見つけたことは韓国側もわかっていたのに、命を救う有効な手立ては何も取らず、国が傍観者となっている間に国民は殺害された。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこのことを知っていながら、国連では北朝鮮との「終戦宣言演説」をおこない、軍首脳部には「平和の時期は一直線ではない」と北朝鮮との平和を強調した。

北との関係改善・平和友好をライフワークとする文大統領としては、絶対に北朝鮮を刺激したくなかったのだろう。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「申し訳ない」と謝罪の意を伝えると、文大統領は「格別の意味として受け止めている」、「南北関係を進展させる契機に反転することを期待する」と述べ、与党議員は「韓半島終戦宣言要求決議案」と「北朝鮮個別観光許可要求決議案」を提案。
自国民が銃殺された直後に、「終戦」や「北朝鮮観光」を口にするのが文政権の韓国だ。

 

同胞の命が奪われたにもかかわらず、国のトップや与党の人間が北朝鮮のキム委員長を“称賛”したことに、国民のあいだには憤怒の嵐が巻き起こっている。

中央日報の社説(2020.09.28)

国民は北朝鮮の非人間的な蛮行に怒りを感じている。(中略)にもかかわらず金委員長を「啓蒙君主」「度量が大きい指導者」などと称賛する人たちの考えには怒りを越えて悲しみを感じる。このためSNSでは「悲惨だ」「北に対する文在寅政権の片思いに金正恩が韓国人銃殺で応えた」という非難が多い。

国民感情に火をつける「金正恩擁護」=韓国

 

それでも与党を支持するというか、心酔する人たちは「謝罪するとは、大当たりだ」「これが本当の文在寅大統領の外交成果」と偉大な指導者を絶賛しているという。
まえに文大統領の支持者の書き込みで、韓国を「ムン・ジェイン保有国」と自慢していたのを見たことがある。

でも多くの人は中央日報の社説と同じ思いのはず。(2020.09.29)

北朝鮮の顔色伺いをしながら言いなりになる文大統領には失望だ

文大統領はこの惨事について、「対話と協力の機会をつくり南北関係を進展させるきっかけとして反転させることを期待する」と述べたからおどろく。
自国民の生命より自分の願いを優先するようなモノだから、「大統領の任務を忘れた非常識発言だ。北朝鮮側の主張に振り回されて言いなりになる様子だ」と中央日報が怒るのも当たり前。

 

いまの韓国国民の気持ちは、朝鮮日報の記事からもうかがえる。(2020/09/26)

「普段はたたかれているのにエサをもらったらシッポを振るのか」…北朝鮮の通知文に韓国人激怒

「本当に涙出るほど怒りがこみ上げてきます。あなたは本当に大韓民国の大統領ですか?」
「国民が死んで焼かれたのに『遺憾』だなんて、よその国の人が死んだのかと思った。やはり南側の国の大統領。政府がどうするという話はどこにもない。あなたは資格がない」
「死の恐怖の中での6時間は本当に長い時間だっただろう。亡くなった方の苦痛を考えるたびに鳥肌が立つ」

こんな怒りや悲しみの書き込みが殺到していて、文大統領の韓国は北朝鮮にもてあそばれているという投稿もあった。

「普段はたたかれているのに、エサをもらったらシッポを振る犬でもあるまいし、青瓦台も統一部も外交部も二日間、口を閉ざしていたのに、ここぞとばかりにプレスリリースをばらまいて…これでは北朝鮮の属国のようだ」

 

こうした国民の気持ちをふまえて、中央日報が文大統領と政権与党の考え方を的確に指摘する。(2020.09.29)

今回の事件で表れた真実は明白だ。私たちが胸を痛めながら見守り希望してきた新たな南北関係の成立が実際のところは大統領と政権のための課業にすぎなかったということだ。

韓国公務員射殺事件が悟らせる事実

 

こんな文大統領も2、3年前は逆で世界中から称賛されていて、あのころは世界の中で光り輝く存在だった。

ピョンチャン五輪を利用して南北首脳会談と米朝首脳会談を実現させたことで、海外メディアから「偉大な交渉家」「統一を成し遂げていく者」と絶賛され、国民も満足そうに指導者を見ていた。

中央日報の記事(2018.04.29)

「交渉家」から「統一する者」へ…進化する海外メディアの文大統領評価

いまの文氏にはもう、このときの栄光はまるでない。
韓国国民が殺害され燃やされても沈黙を続け、口を開いたと思ったら「南北関係を進展させることを期待する」と北朝鮮に訴える。
韓国人は「エサをもらったらシッポを振る犬でもあるまいし」と言っているのだけど、文大統領はいまも「偉大な交渉家」「統一を成し遂げていく者」という甘美な夢を見ているらしい。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国テレビ局の「日本語は禁止!」←韓国人と日本人の感想は?

【関係最悪の原因】約束を破った韓国が被害者をアピール

法律より国民感情。「これが国?」怒る韓国人に冷ややかな日本人。

韓国の反日の結果。”少女像”が嫌韓日本人をつくって韓国が苦しむ。

「日本人に正しい歴史を教え、謝罪させたい」と言う韓国人と出会ったら?

反日感情に苦しむ韓国⑦ 韓国人が、反日韓国人を嫌っている。

韓国人にも広がる「愛国疲れ」。反日感情を叱る実態

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。