「日本は汚染水を流すな!」と怒る韓国、27倍の汚染水を流す

 

福島第1原発のタンクに、たまりにたまった処理水をどうするか?

放射能放射能は恐ろしいけど、水を保管するにも限界があるということで、日本政府は海外でもしているように、国際基準に基づく処理水にして海へ放出することをきめた。

ただ地元の漁師の中には、誤解や偏見に満ちたウワサで海産物が売れなくなることを不安視する人もいる。

いまネットでアンケート調査の結果があったからそれを紹介しよう。

・福島の海に放出すべき 25.9%
・福島も含め全国に分散して海に放出すべき 26.3%
・海に放出すべきではない 41.5%
・どちらとも判断できない 6.4%

「海に放出すべき」が計52.2%で本当に賛否両論に分かれている。
でも海洋放出以外に具体的な方法はないだろうし、個人的には全国の海に流すのがいいと思う。そうすれば風評被害対策にもなるだろうし。

 

これに激怒したのが隣国だ。

中央日報/韓国経済新聞の記事(2020.10.21)

日本の原発汚染水放流準備…韓国与野党が猛攻

ふだんは仲の悪い韓国の与党・野党の議員も「反日」なら共闘も可能で、両議員が日本を猛批判したというからそれを抜き出そう。

済州道のウォン・ヒリョン知事(たぶん野党議員)の発言

「菅義偉首相就任後に肯定的な韓日関係を期待したが、日本政府が福島汚染水放流を準備するという報せに接した。日本政府に対する民事・刑事訴訟、国際裁判所訴訟などあらゆる手段を動員して対応するだろう」

「日本政府は関連準備をすぐに中断すべき。さらには済州道と大韓民国に福島汚染水と関連したすべての情報と資料を透明に提供し、汚染水処理案に対し協議を進めるべき」

 

これは国会副議長を務める与党「共に民主党」のキム・サンヒ議員の発言

「福島汚染水海洋放流を無断強行する場合、日本産水産物の全面輸入禁止で強硬対応すべき」

 

(ゼロとは言わないが)安全な処理水を「汚染水」と言い換えるところに悪意を感じるけど、こういうレッテル貼りは韓国の政治家の日常風景。

さて、もし日本が“汚染水”を海に流したら、国際裁判所訴訟などあらゆる手段を動員して対応する、日本産水産物の全面輸入禁止で強硬対応すべき、と怒る韓国だけど、日本の汚染水は韓国がいま海に流出している汚染水よりはるかに安全だったことが判明。

韓国の「猛攻」に細野議員が事実で対抗した。

 

 

*ツイートが見れないこともあるから、ここに文章だけ載せておく。

「やはり韓国が言ってきた。
福島で放出が検討されている処理水濃度は1,500Bq/L。韓国で放出されている処理水の濃度基準の40,000/Lより一桁低い値だ。総量も他国と比較して問題ない。
日本に注文をつけるのは、韓国内の処理水の放出を止めてからだ。日本政府は断固反論すべし。」

 

この数字だけをみると日本の方が約27倍安全で、韓国のほうがはるかにヒドイ「汚染水」を垂れ流している。
“危険”なことをしている韓国が安全な日本に抗議するのは、「オレはいいけど、おまえはダメだ」という身勝手なネロナムブル(二重基準)そのものだ。
韓国の政治家は、人気取りや自分への批判をそらすためによくこういうことを言う。

朝鮮日報の記事(2020/10/22)を読むと韓国はまるで“被害者”だ。

「外交部のチャンネルを通じて引き続き要求はしているが、だからと言って日本を無理やり引き止める方法もない」と述べた。

福島汚染水放出を目前に苦慮する韓国海洋水産部「阻止難しい」

とはいえ韓国が放水している水も、国際基準を満たした安全な浄化水のはず。

 

ニッポン放送の「NEWS ONLINE」の報道(2020-10-21)で参議院議員の青山繁晴氏が、文大統領に会った安倍首相(当時)は「韓国の原発が出している放射線量の方が日本の100倍ですよ」と言ったと話している。

福島第一原発処理水の放射線量は韓国「月城原発」の100分の1~青山繁晴

でも実際は100分の1ではなく、韓国の月城原子力発電所に比べれば「本当は130分の1なのです」とのこと。トリチウムは韓国をはじめ世界中の原発から排出されているのに、なんで日本(福島)はいけないのか?

 

日本政府も韓国に同じことを言えばいい。

「韓国政府に対する民事・刑事訴訟、国際裁判所訴訟などあらゆる手段を動員して対応する」
「韓国政府は関連準備をすぐに中断すべき。さらには日本に汚染水と関連したすべての情報と資料を透明に提供するべき」
「染水海洋放流を無断強行しているのだから、韓国産水産物の全面輸入禁止で強硬対応すべき」

 

おまけ

日韓を客観的な数字で比べた場合、“放射能汚染”はむしろ韓国のほうで深刻だ。
韓国で日本への懸念が高まっているということで、韓国の日本大使館はほぼ毎日、「日本と韓国の空間線量率」を公開している。

それによると4月13日のデータは以下のとおり。(単位:μSv/h)

福島市(0.123) いわき市(0.059) 東京(0.037) ソウル(0.118)

首都ソウルが福島市と同じレベルで、いわき市は半分以下、東京では約3分の1だ。
このことを知人の韓国人に話したら、「ホントですかっ!」とビックリしていた。
韓国人は意外と韓国のことを知らない。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

日韓関係:日本が韓国の「苦痛」に共感すれば解決するか?

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

韓国の「謝罪したドイツに日本は見習え」論のでたらめさ

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。