錦鯉が中国で人気の理由は?流行語1位・2億円以上で購入も

 

10年ぐらい前、香港人と台湾人を連れて、上のような池があるお寺に行った。
いまは中庭に移されたけど、この池は当時、寺の外にあって誰でも近づくことができた。
通りからも見えるから、通行人がぶらりとやってくるもできる。

この池を見て、香港人と台湾人が「きれいな鯉ですね。恋しました」なんてことを言う前に、「なんでこんなきれいな鯉がここにいるのですか?」とビックリした顔をする。
そこでボクが放生池(ほうじょうち)の説明をした。

放生池ってのは、捕まえられた魚や亀などを放してやるための池で、これは仏教的にとてもいいこととされている。仏教の教えでは、こうした善行を積むことで、より良い来世に行くことができる。
といってもこの池は今では観賞用なんだろうけど。

「香港や台湾のお寺には放生池がないのか?」と思ったらそうじゃない。
「こんな高そうな錦鯉が外にいるのに、誰も盗まないのですか?」ということに彼らは驚いていた。
「香港や台湾なら危ない。中国なら絶対に盗まれる」と太鼓判を押す。
売れると思ったら石まで盗む、というのは冗談ではなくて、わりと本気だったかもしれない。

 

鯉はむかしから日本にも中国にもいた。
でも、錦鯉を育てることは19世紀に新潟県ではじまったという。
日本で品種改良が進んだ錦鯉は、「生きた宝石」「泳ぐ芸術品」という上品なニックネームを持っている。
業界団体が「日本の国魚」としている錦鯉は外国人にもファンが多く、いまでは海外への輸出も盛んだ。
英語でも、「Koi Fish」とか「Nishiki Koi」と呼ばれることもあるとか。

 

前に上海の日本語ガイドから、錦鯉には「成功」や「豊かさ」のイメージがあるから、これを所有したいと考える中国人が増えていると聞いた。
高級車のように、錦鯉は社会的地位の高さを象徴するものかもしれない。

そういえば去年、Record chinaにこんな記事(2018年12月6日)があった。

中国の「今年の流行語」トップ10、「錦鯉」や「仏系」がランクインする意味は?―中国メディア

2018年の中国の流行語ナンバーワンに「錦鯉」が選ばれた。
ちなみに意味は「強運の持ち主」。
錦鯉が1位になった理由として、記事にはこう書いてある。

今年中国で「縁起物」として人気となり、ここ一番の勝負の時にニシキゴイの画像をスマートフォンの待ち受け画面にする若者が増えた。

 

中国で「錦鯉」が流行語になったことは、「新しい時代を生きる人々の『美しい生活』へのあこがれ」を表しているという。

 

最近の中国は経済成長(と格差)がいちじるしい。
だからこんな中国人も登場する。

韓国紙・中央日報の記事(2019年02月28日)

中国人富豪に2億300万円で売れた日本のニシキゴイ

錦鯉が世界の金持ちの間で人気を呼んで、値段も急上昇している。
去年は、中国人の富豪が広島県で飼育された錦鯉を史上最高の2億300万円で購入。
チャイナマネー恐るべし。

記事では、中国の不動産会社社長が「優雅な泳ぎは日ごろのストレスを忘れさせてくれる。何時間見ていても飽きない」と錦鯉の魅力を語っている。
アジアやオーストラリアなど世界中で錦鯉の品評会が開かれているけれど、「本場の日本で受賞するのがステータス」とは愛好者の弁。

最近の輸出先を見ると、香港やオランダ、ドイツの他、ブラジルやアラブ首長国連邦も増えている。
でも、値段が上昇すれば当然のことながら、日本人が錦鯉を手に入れることが難しくなってしまう。

寺の外にあった池を中庭に移した理由はコレか?

 

 

こちらの記事もどうですか?

中国人には“ゴミ”。でも日本人は天ぷらにして食べる食材は何?

日本人にとって中国人がつき合いやすい理由は“共産主義”だから

今の日本と中国:”精神的な日本人になりたい中国人”が増加中

中国 「目次」 ②

中国 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。