アンコールワットを祇園精舎と間違えた江戸時代の日本人

 

かつて東南アジアの大部分を支配していたカンボジアのクメール王朝。

900年ごろの版図

 

でも、しだいに弱体化していって国土は小さくなり、東西の海岸部分も失っていまではこんなハート型になった。

前回そんな記事を書いてみた。

さくっとカンボジアの歴史:国土がハート型の悲しい理由

 

偉大な王朝や帝国も、華麗なる一族もいつかはおとろえ消え失せる。
「人の夢」と書いて「儚(はかな)い」と読むのだ。
人の世のはかなさや無常を描いた平家物語は、日本人にとって永遠の古典となっている。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もついにはほろびぬ、ひとえに風の前の塵におなじ。」

どんな繁栄や栄光も終わってみれば春の夢のようなもの。
クメール王朝もまさにこれ。

さてここに、「祇園精舎」(ぎおんしょうじゃ)ということばがある。
ということで今回は、「祇園精舎と間違えてアンコールワットへ行っちゃった、超親孝行な江戸時代の日本人」について書いていこうと思う。

 

まず祇園精舎というのは古代インド・コーサラ国にあった僧院のことで、お釈迦さまがここで人々に仏教を伝えていた。

祇園精舎

仏教で修行僧が大きな僧院を建てて住んだ最初の事例である。玄奘が訪れた7世紀にはすでに荒廃していたという。

「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説」

 

仏教伝来とともにこれも日本で知られるようになり、江戸時代には将軍・徳川家光が祇園精舎の視察を命じたこともあった。

 

祇園精舎があったとされるところ(インドのウッタル・プラデーシュ州)

 

江戸時代が始まったころ、東南アジアへ移住する日本人がたくさんいて、彼らはカンボジア、フィリピン、ベトナム、ビルマなどで日本町を形成した。

日本町

17世紀初期、東南アジア各地に形成された日本人居留地。自治制をとり、数百~数千人が居住。

「日本史用語集 (山川出版)」

山田長政がリーダーをしていたアユタヤ(タイ)の日本町はとても有名だ。

日本とタイの関係の歴史。アユタヤの日本人町と山田長政

 

当時、カンボジアの日本人町に住んでいた人たちの間で、「祇園精舎って、アンコール・ワットのことだってばよ」とナルト風に言ったかどうかは知らないけど、アンコールワットを祇園精舎と信じる人がでてきて、やがてその話は日本にも伝わった。

それを聞いて「そうだ 祇園精舎、行こう。」とJR風に思ったかは知らないけど、祇園精舎を参詣しようとしてアンコール・ワットへ行ってしまう残念な日本人が多数あらわれた。

そんなウッカリ屋さんの中に、平戸藩士の森本一房(もりもと かずふさ:生年不詳 – 1674年)という日本人がいる。
森本は亡くなった父と年老いた母のために、1632(寛永9)年に祇園精舎(実はアンコールワット)までやって来て、お祈りをささげて4体の仏像を奉納したという。

彼はこのとき、アンコールワットの柱に墨でこんな落書きをした。

寛永九年正月初而此所来
(寛永九年正月初めてここに来る)

生国日本/肥州之住人藤原之朝臣森本右近太夫/一房
(生国は日本。肥州の住人藤原朝臣森本右近太夫一房)

御堂心為千里之海上渡
(御堂を志し数千里の海上を渡り)

一念/之儀念生々世々娑婆寿生之思清者也為
(一念を念じ世々娑婆浮世の思いを清めるために)

其仏像四躰立奉者也
(ここに仏四体を奉るものなり)

摂州津池田之住人森本儀太夫
右実名一吉善魂道仙士為娑婆
是書物也
尾州之国名谷之都後室其
老母亡魂明信大姉為後世是
書物也

寛永九年正月丗日

まあ、すべてが壮大なカン違いなわけなんだが。

 

ここで一句、

「落書きも 数百年後は 宝もの」

森本の落書きはいまでもアンコールワットに残っていて、日本人観光客には必見のスポットになっている。

「日本」と書いてあるように見える。

 

 

 

もしアンコールワットに行くのなら、江戸時代の侍のかん違いと信仰の跡も見てみよう。

 

17世紀にアンコールワットを訪れた日本人・島野兼了(森本一房という説もある)が描いた「祇園精舎図」(アンコールワットの実測図)。

 

おまけ

 

アンコールワット観光の拠点・シェムリアップではこの宿がおススメ。

タケオゲストハウス

 

 

こちらの記事もどうぞ。

東南アジア 「目次」

日本とカンボジアの関係って?感謝される自衛隊・紙幣に日の丸

旅といえば「東南アジア」。その意味は?インドシナとは?

日本とタイ(東南アジア)の仏教の違い① 飲酒・肉食・喜捨(タンブン)

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。