「優秀な国と民族」国民もあやしむ韓国政府のクッポン情報

 

昨年末、ソウルに住んでいる知人の韓国人と話をしていたときに「クッポン」が話題となった。
韓国語のエグック(愛国)とヒロポン(覚せい剤)を組み合わせて「クッポン」のできあがり。

「韓国はすばらしい!」「韓国人は優秀だ!」という話を聞くと愛国心が刺激されて、まるで覚せい剤を打ったかのような快感や高揚感を感じる人がいることからこの言葉ができたとか。

このとき話をしていた韓国人はクッポンを全面否定することはなく、韓国のスポーツ選手や芸能人が海外で高く評価されているのは素直にうれしいと感じるし、それは問題ないと思っている。
たしかにこの程度のことならどこの国にもあって、国際大会で自国の選手やチームが金メダルをとったり、優勝したりするとうれしく誇らしく思う人はどこの国にもいる。

ただ日本では、「すごいのは選手であって国民ではない。選手と自分を重ねてよろこんでいるのは気持ち悪い」と言う人もいるから、クッポンでよろこぶ韓国人を見たら同じ思いをするのだろう。

こんな言葉がでてきたのは、昨年、日本政府が韓国への輸出管理を強化したことで、韓国企業が半導体製造に必要な素材が手に入らなくなって困っているという話をしていたときのこと。
この反動から韓国では素材の国産化に力を入れて、次々と成功させることができた。

そしてそのたびに韓国メディアはその快挙を称える。

中央日報(2019.09.02)

日本から輸入していた「高純度フッ化水素」、LGディスプレーが国産化に成功

韓国経済新聞/中央日報(2019.10.03)

韓経:SK、フッ化水素の国産化に成功…「半導体ラインに投入開始」

中央日報(2019.08.29)

韓国、日本依存「半導体素材」の国産化に成功…「レベルはさらに優秀」

中央日報(2019.10.15)

LGディスプレイ、フッ化水素「脱日本」…「100%国産化」

これはほんの一例で、この手の報道は津波のように何度も何度も各メディアが報じていた。

 

彼の意見ではこれも「クッポン」で、韓国政府はこういう発表をして「韓国の技術力はすばらしい」「我々は優秀な民族だ!力がある」と国民をよろこばせたり安心させようとしている。
彼はこういうクッポン報道を冷めた目で見ていて、それは「覚せい剤」の快楽のようなものだから、現実を正しく把握することができなくなるし、その結果はいずれ自分たちに返ってくると考えていた。
実際、昨年末になっても、韓国政府は日本に輸出措置の撤回を強く訴えていて「脱日本」がちっとも進んでいない。

ボクもきょねん、「韓国、国産化に成功!」という報道を何度も見ていたから、それでも日本政府にあせる様子はないし韓国政府には余裕がないし、これは何か変だとは思っていた。

知人に言わせると、あれは危機感の裏返し。
韓国政府は日本を相手にしたら負けはもちろん、引き分けも許されないから、何とか韓国の善戦や奮闘を強調して、逆に「日本がダメージを負っている」という印象を国民に持たせたい。
だから質より量で、ツッコミどころの多い中身でも、国民受けするクッポン情報を何度も発表して「強い韓国」をアピールする。
それはもちろん、ことし4月にある総選挙をにらんでの戦略だろう。

行き過ぎたクッポンに否定的な彼のような韓国人からすると、「韓国すごい!」という情報の連発には不安を強くするけど、これを快感と感じて気持ち良くなる人も多いという。

まあ日本も戦争中にはそんな報道があったけど。

戦況の悪化に関わらず、虚偽の発表を行なった。それが転じて、権力者による信用できない情報を批判する慣用句としても使われる。

大本営発表

 

「国産化に成功!」「依存から脱日本へ!」という報道は山ほどあるけど、韓国政府はいまでも強く日本に輸出措置の撤回を要求しているのだから、現実は動いていないのだろう。

 

その傾向は新型コロナウイルスの感染拡大が進むいまもある。
韓国政府の発表によると、韓国の対応はほいつも成功していて世界中から高い評価を受けている。

中央日報(2020.03.31)

エチオピア首相「韓国の新型肺炎への対応が印象的…アフリカに文大統領のリーダーシップが必要」

ハンギョレ新聞(2020-03-30)

韓国の新型コロナ診断技術が「国際標準に」…「診断キット」81カ国から要請

中央日報(2020.03.28)

リトアニア「韓国のコロナ対応を学びたい」…文大統領「支援を検討」

 

たしかに韓国での感染者や死者はこのところ減少傾向にあるから、これが“ウソ”とは言わないけど、額面通り受け取ることもできない。
これは別の記事で書こうと思っているけど、下の朝鮮日報の社説(2020年03月11日)のように、韓国政府の楽観を通り越していい加減な発表にウンザリする韓国メディアもあるのだ。

このようなことが繰り返されるようでは、大統領や政府は国民の信頼を得ることができない。

文大統領「韓国は防疫の模範」と語った翌日にソウルで集団感染、少しの間でも自制を

 

こちらの記事もいかがですか?

旅㉑おにぎりをめぐる日本と中国・韓国の食文化のちがい

旅㉒韓国の食文化:日本由来のキンパプと「下品な」おにぎり

韓国グルメ・キンパブ:日本ののり巻きが韓国化、違いを楽しもう。

 

2 件のコメント

  • > 韓国政府はこういう発表をして「韓国の技術力はすばらしい」「我々は優秀な民族だ!力がある」と国民をよろこばせたり安心させようとしている。

    この批判は正確ではありません。このような報道の主力となっているのは、政府だけではなく、民間のメディアなんです。そこに大きな問題がある。
    政府が、自国の方針を正しいとするような発表をすることは、さほど珍しいことではありません。米国トランプ大統領だってその手の発表をしょっちゅう行っている。日本政府でも、他国からいわれのない非難を受ければ、自国政府の正当性を訴えるでしょう。
    問題はメディアです。たとえ政府が自国の優位性・正当性をアピールするような発表をしても、それが明らかに事実と反する内容であれば、そのことをメディアが報道すればいいのです。それだけの判断力がメディア(その多くは民間組織であるはず)に備わっていないとすれば、それは国民の知的レベルが低いことが原因だと思われます。
    ブログ主さんの友人が同意した最初の分析からもう間違っている。韓国は、政治家も、メディアも、結局は国民に相応しいレベルであることを、友人に指摘してあげる方が親切だと思いますよ。

  • 価値観や考え方は人それぞれで、「正しい」はいくつもあります。
    個人の意見はその人においては絶対に正しいのでぶつかることもありますが、互いが違いを尊重するしかないです。
    そうでないとケンカするしかない。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。