「日本人に正しい歴史を教え、謝罪させたい」と言う韓国人と出会ったら?

 

しばらく前、浜松から長崎に旅行をしようと思い立った。
それで交通費や宿代、食費などいろいろ計算したら、あることに気づく。

「これなら、台湾や韓国に行っても変わらないじゃん。たぶん、長崎旅行のほうが高くつく」

このときは、旅行そのものを止めてしまった。

とにかくそんなことがあったから、「日本では国内旅行が高い。台湾や韓国旅行のほうがお金がかからない」と思っていた。
でもそんな認識はもう古いらしい。

朝鮮日報にこんなコラム(2017/08/20)があった。

【コラム】海外の方が割安と感じさせる韓国旅行事情

 

「国内旅行よりも、海外旅行のほうが安い」ということを、今では韓国人が感じている。

この記者は北海道旅行で見たり聞いたりしたことを記事に書いている。
函館の夜景を見に行ったときには、韓国人の女子高生と出会った。

その高校生は、1か月間アルバイトでお金を貯めて北海道へ旅行に来たという。
記事には、「高校生でも自分の力でお金を稼ぎ、日本に旅行に来られることに、あらためて驚いた」と書いている。

記者が実際に旅行してみると、思っていたよりもお金を使わない。

食費・交通費・買い物代などで一日1万円はかかるだろうと覚悟していたが、ホテルに帰るといつもお金が残っていた。

こんな日本と比べると、韓国での旅行はいろいろとお金がかかる。

先週末、釜山に行った別の知人は「数カ月前に15万ウォン(約1万4000円)で泊まった宿が繁忙期にはちょうど2倍の30万ウォン(約2万8000円)請求してきた」と語った。長期休暇や連休シーズンの「ぼったくり料金」に「席料」や浮き輪・パラソルなどを借りる各種「レンタル料」を追加で払えば、だまされたような気分になる人も多いだろう。

さらに韓国では、お金を出してもそれに見合うサービスを受けることができないという。
10万ウォン(約9500円)を出して刺身の盛り合わせを注文したら、出て来たのはツマの海藻ばかりで刺身はほんの少しだけ。

店主に文句を言ったら、店主から怒鳴られる。

旅行費用とお金を出して得られるものを考えると、韓国旅行には魅力がない。
だから、多くの韓国人は海外に行ってしまうとか。

 

 

「最近の韓国人は、国内旅行よりも海外旅行を選ぶ傾向にある」

東亜日報にもそのことが書いてある。
理由はズバリ、お金。

韓国を旅行しても海外を旅行しても、費用の差があまりない。
それで国内ではなく、海外旅行に出かける人が多いという。

この報道を見た韓国の人たちはこんなコメントを書きこんでいる。

Record chinaの記事(2017年8月21日)から。

「海外旅行費用には飛行機の運賃が含まれていることを考えたら、日本や東南アジアの旅行の方が安いといえるんじゃないか」
「1泊2日だったら割高になると思うけど、2泊以上したら海外旅行のほうが安い」
「国内旅行のメリットは言葉が通じることくらいしかない」
「国内旅行はぼったくられるからな」
「時間がない時には、仕方ないから国内旅行にするけど…」

韓国の会社員の6割以上「旅行するなら国内より海外」

韓国人が海外旅行に行くとしたら、どこの国を選ぶか?
今は日本だ。

旅行で日本を訪れる韓国人の数は過去最高を記録している。

くわしくは中央日報の記事(2017年08月17日)をご覧あれ。

7月に日本を訪問した韓国人観光客は前年同月比44.1%も増えた。韓国人観光客などの増加を受け、日本の月間外国人観光客が過去最多となったと、日本観光庁が16日発表した。

日本を訪問した韓国人観光客が過去最多…44%増えた理由

 

韓国人が日本に旅行で来て、いろいろなものを見たり聞いたり食べたりすることはいいことだ。
日本人と交流することも有意義だ。

でも、人との出会いが必ずしもハッピーなものになるとは限らない。

特にこんな韓国の大学生と出会うと面倒くさい。

Record chinaの記事(2017年8月18日)から。

「日本の若者に正しい歴史を教え、謝罪を受けたい」韓国の大学生が日本中を回ってフリーハグ

 

韓国の大学生が日本中を回るのはいい。
フリーハグをしたかったら、すればいい。

でも、なんで日本の若者に正しい歴史を教えたいのか?
なんで日本人から謝罪を受けたいのか?

彼らがこんなユニークな試みをおこなった理由は、予想どおり。

3人は自転車の旅を始めた理由について「今後の日本を引っ張っていくのは若い世代だが、彼らの多くが慰安婦問題を知らない、または間違った知識を持っている」とし、「正しい歴史を教え、“謝罪の抱擁”を受けるため」と説明した。

「日本の若者に正しい歴史を教え、謝罪を受けたい」韓国の大学生が日本中を回ってフリーハグ

このなかで正しいのは、「今後の日本を引っ張っていくのは若い世代」だけじゃないか。
「彼らの多くが慰安婦問題を知らない」ということも、合っているかもしれない。

でも最近では、日本でも慰安婦問題についての報道が多いから、どうだろう?
路線バスに慰安婦像が乗っているという画に、衝撃を受けた日本人はけっこう多い。

 

 

彼らは「12・28日韓慰安婦合意は無効だ」や「慰安婦の強制動員を謝罪せよ」と書いたポスターをかかげて、札幌・東京・福岡などを自転車で回っている。
本当に日本中だ。
そして訪れた都市で日本人とフリーハグをおこなった。

毎回10〜20人を超える人たちがハグをしてくれて、この大学生はそれなりにこの活動の手応えを感じたらしい。

 

この活動を韓国のマスコミが報道すると、韓国のネットユーザーからはこんな称賛の言葉が書き込まれる。

「政府が行う慰安婦関連の交渉や政策よりも問題解決に効果がありそう」
「彼らこそが勇者であり、真の愛国者だ」
「韓国の未来は明るい。国のために努力してくれた3人に拍手」

「日本の若者に正しい歴史を教え、謝罪を受けたい」韓国の大学生が日本中を回ってフリーハグ

「彼らこそが勇者であり、真の愛国者だ」という言葉にはどこからツッコんだらいいのだろう?

でも、中には「日本人の気持ちも考えよう」や「政府も国民もおばあさんたちを利用するのはやめてほしい」といった声もあるらしい。
残念ながら、その数はとても少ない。

 

 

これは日本人の感覚ではない。

「韓国の若者に正しい歴史を教えたい」とか「韓国人から謝罪を受けたい」という理由で韓国へ行く日本人なんて聞いたことがない。
これからも、そんな日本人が出てくるとは考えられない。

しかも、「正しい歴史を教えたい」という彼らの歴史認識が間違っていた、というオチまである。

歴史が違うという以前に、日本人と韓国人とでは発想が違う。

 

それはおいといて。
これから先、日本人がこんな韓国人と出会ってしまうことは、可能性としては高くなるだろう。
日本人と韓国人の行き来が少なくなって、韓国人の意識が変わらない限りは。

今まで海外旅行をしていて、そんな日本人と会ったこともある。
ポーランドの宿で出会った韓国人のバックパッカーが、その日本人に慰安婦問題の話題を持ちだしてきた。

上の韓国人と同じで、「日本人に正しい歴史を教えて、謝罪させる」という勇者だ。

でもその日本人は「慰安婦」という言葉を聞いたことがあるけど、それがどんな問題なのかはわからない。
だから、韓国人が言う「正しい歴史」を聞かされただけ。

それで、「なんで日本人は歴史を学ばないのか?心から反省して謝罪しないのか?」と頭ごなしに言われてしまう。
その場の雰囲気で、彼はその韓国人バックパッカーに謝罪したという。

このことはこの記事で。

日本人バックパッカー、最悪のドミトリー体験 with 韓国人旅行者

 

頭を下げただけならまだいい。
なかには、韓国の大学生から慰安婦問題について責められ、その場で土下座して謝罪した日本の女子大生もいる。

それはこの記事で。

慰安婦問題で今の日本人が知っておくこと。謝罪も罪悪感もはいらない。

 

 

「日本人から謝罪を受けたい」と言うけれど、韓国に対する日本の戦後補償問題については、1965年の日韓請求権協定で、完全かつ最終的に解決している。

さらに慰安婦問題も、2015年の日韓合意で最終的かつ不可逆的に解決している。

すでに2回も最終的に解決している。
これでも「まだ解決していない!」と言うのなら、いったい何回、最終的に解決すればいいのか?

もうそんな韓国人を相手にする必要はない。
いつまでも終わらないのは、そういう韓国人の気持ちを満たそうとするからだ。

話をするべきなのは、「日本人の気持ちも考えよう」という良心的な韓国人だ。

 

 

日ごろの行ないが悪かったり、とんでもない親不孝をしたりしていると、真の愛国者と出会ってしまうかもしれない。
「日本人に正しい歴史を教えたい!」とか「日本人から謝罪を受けたい!」と言う勇者に、つかまってしまうかもしれない。

そうなったら、どうすればいいか?

1つ覚えておいてほしいことがある。
2017年の今、日本人が韓国に謝罪することは何もない。

だから、相手にしないでその場を去ればいい。

日本人が謝罪したところで、日本と韓国に良い影響をあたえることはない。
未来志向の日韓関係を求めるなら、謝ってはいけない。

謝罪したら終わり、ということにはならないから。
むしろ、また始まってしまう。

 

 

最近でもフィリピンで英語を学んでいる日本人のブログを見ていたら、「韓国人から『慰安婦問題について知っているか?』と聞かれたことから話し合いになった」というものがあった。

でもその韓国人は日本の意見を聞こうとしたのではない。
韓国の歴史観を押し付けていただけ。

結局今日の話をしてどうしたかったのか?と聞いてみると、彼は『日本が韓国に行なったことが悪であると言う自分の意見を僕に主張し説得し認めさせたい』と言ってきた。

フィリピン留学中に韓国人の友達と話したこと〜兵役と慰安婦問題について〜

日本人と韓国人が出会う機会が多くなったら、いつどこで突然、韓国人から歴史認識の問題を問われるかわからない。

そうなったとき何も知らないと、謝罪するハメになってしまうかもしれない。
慰安婦問題や他の歴史認識問題について、ネットで正しい情報を広げる努力をしていくことはとても大事だ。

 

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本への対抗意識!韓国人が世界の歌姫アリアナ/ケイティに激怒。

一線を超えた韓国:文大統領の「徴用工に個人請求権」に日本が猛反発。

慰安婦問題:日韓の認識は、一致できないという点で一致する。

慰安婦問題:福沢諭吉が今の韓国を見たら、きっとまた怒る。

日韓歴史戦:日本の強みは、韓国の間違いを指摘して事実を示すこと。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。