ソウルの少女像5体、バスから降りた!目的や日本の反応は?

 

今年8月、ソウルに慰安婦像を乗せた路線バスが登場して、日本でも大きな話題になった。

ボクのまわりでも、「あれには驚いた!」という人が続出していた。
「像をバスに乗せて走る目的や意味がまったくわからない!」という様子だったけど。
あれには、日本中が謎だったと思う。

 

今度はその像が取り外されて、日本大使館前にならべられたことが話題になっている。

その5体の慰安婦像がバスから降ろされて、日本大使館前に”集合”した。
そのときの異様な様子がこの産経新聞の記事にある。

韓国ソウルで、1カ月半余りの間、路線バスに乗せられて市内を巡回していた慰安婦像5体が2日、日本大使館前に集合し、その後、各地方都市に向かった。

バスで市内巡回の慰安婦像5体、日本大使館前に“集合”「帰郷」で各地に

友人には、このパフォーマンスの目的や意味がきっと分からないと思う。

ボクは、「この像はもうバスに乗っている役割が終わっから、降ろされたのかなあ」なんて思ったけど、どうやらちがった。

今の韓国は旧暦のお盆の真っ最中。
お盆の連休ということで、「少女像もふるさとに帰省する」という設定で、バスから降ろされたという。

 

でも、こんなふうに外に置いていたら、雨が降ったら像がぬれてしまう。
そんな心配(でもないけど)をしたら、その点は大丈夫。

これら5体の像は、バスから降ろされて日本大使館前にならべられた後、希望者がそれぞれの像を車に乗せて行った。

バス会社が募った家族が、少女像をそれぞれの乗用車の助手席に乗せて行きました。

正直、「何やってんの?」と。

この少女像を希望した人は家に持ち帰って、これで何をするんだろう?
家族と同じテーブルに座らせて、食事をしている様子をインスタグラムに投稿するのだろうか?

こういう他の国では見られない、韓国人独自の行動を「OINK(オインク)」という。

日本と韓国の違い②欧米人が怒ってつけた「OINK」を知ってる?

 

まあ、好きにしたらいい。

ところでNHKの記者は、どんなことを思いながらこの記事を書いたのだろう?

 

 

それにしても、この行為をNHKニュースで「パフォーマンス」と表現しているのが、個人的には印象的だった。

念のため、「パフォーマンス」とはこんな意味。

パフォーマンス(performance)

1 演劇・音楽・舞踊などを上演すること。また、その芸・演技。
2 身体を媒介とした芸術表現。演劇などのほか、特に現代美術での表現をさしていう。「前衛書道家によるパフォーマンス」
3 人目を引くためにする行為。「街頭宣伝のパフォーマンス」
4 性能。機能。また、効率。「旧型でもパフォーマンスはいい」「コストパフォーマンス」

「デジタル大辞泉の解説」

これは芸術表現ではなくて、「3」の人目を引くための行為だろう。

たしかにプラスチック製の慰安婦像を5体も並べる画には、目をうばわれてしまう。

これをどう表現するかはむずかしい。

「儀式」か?
「行為」か?
「活動」か?

やっぱりパフォーマンスが適切なんだろう。
日本人の発想にはない行為を日本語であらわすのはやっかいだ。

 

 

このニュースを知った日本人の反応は?
そりゃ、いろいろありますよ。

驚いたり楽しんだりしている人たち。

・なんだこれ
・数が少ないと思う
・取り外し可能だったことに驚いたw
・うわあっ
・増殖www
・バスから下車したwwwwwww
・楽しそうで何よりですな

 

韓国のことを気にかけるやさしい人たち。

・5体も作ったわ良いけど処置に困っている感じがする。
・これで「日本人はもっと韓国に観光に来い!」とか言ってんだから
・こういうのって誰かが止めないと、どんどんエスカレートしていくんだな

 

でも一番多かったのは、このパフォーマンスの目的がサッパリわからない人たち。

・何の意味が?
・意味不明。
・意味がわからねえ(笑)
・これに何の意味があるのか

・このパフォーマンスは何を目的としているんだ?
ただただ、日本に屈辱を与えて楽しんでるだけ?
・意味不明過ぎて屈辱ですらないよ
多分やってる本人も何やってるか理解してない

 

写真も意味不明。

 

このパフォーマンスの目的はなにか?

少女像にかかわることなら、「日本が過去の歴史を直視し、心から反省し謝罪すること」ということになるはず。
バスから像を降ろして日本大使館前にならべ、希望者が持って帰ったパフォーマンスも、どこかでこの目的につながっているはず。

でも、日本人からしたら意味不明すぎてもはや他人事。
まさに「なんだこれ?」という状態。
はたしてこの画を見て、「韓国に反省と謝罪をしなければいけない」なんて思う日本人はいるのだろうか?

 

 

韓国から日本への謝罪要求は終わらない。

それでこうした反日パフォーマンスがおこなわれるわけなんだけどさ。
それにしても、韓国の反日活動はなんでいつまでも終わらないのか?

これは、目的をもって活動をしているのではなくて、「反日活動をすること自体が目的だから」と考えたほうがいい。
韓国にくわしいジャーナリストの黒田勝弘氏は、その理由を「民族的快感」に求めている。

韓国にとって日本はいつまでも謝罪、反省、補償をしない存在であってほしいのかもしれない。

いつまでも日本を叱り、諭し、教え、導くことができるからだ。この民族的快感は捨てられない。

この民族的快感のゆえに、日本がたとえいくら謝罪、反省を表明し補償したとしても、それは終わらない、いや韓国にとっては終わらせたくないのだ。

「‘日本離れ’できない韓国 (黒田勝弘)」

少女像を建てる、バスに乗せる、バスから降ろしてふるさとに帰らせる。
韓国人にとっては、こうしたパフォーマンスをすること自体が楽しいし、民族的快感を得ることもできる。

こんなことをしたって、日本人から心からの反省と謝罪を引き出すことができるはずがない。
それは日本人ならわかるはず。

これは、この反日パフォーマンスをすることに目的がある考えたほうが自然だ。

 

 

ところで、あの5体の像は「里帰り」が終わったら、また路線バスに乗せられるのだろうか?

まあ、勝手にしたらいい。

でも、里帰りのパフォーマンスはしっかりとやってほしい。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国「慰安婦像の次は徴用工だ!」←あきれ顔の日本政府

アメリカの慰安婦像問題。無関心が日本人への差別を悪化させる。

韓国の慰安婦(少女)像を見たインド人とアメリカ人の反応は?

マレーシア人「韓国人は疲れるよ~」①日本海?東海?呼称問題

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。