英雄すぎて、仏では豚に“ナポレオン”と名づけるのは違法です

 

サッカーW杯で日本がスペインに勝利して、決勝トーナメント進出を決めたきょう12月2日は、フランスの歴史を見てみると、1804年にパリで戴冠式が行われてナポレオンがフランス皇帝に即位した日になる。
軍人としてフランス革命に参加したナポレオンは、数々の戦いで勝利して名声を得て、1799年にクーデター(ブリュメール18日のクーデター)を起こして権力を握る。
フランス革命の終結を宣言した彼は、国内の混乱を収めて皇帝となり、ナポレオン戦争でヨーロッパ諸国と戦って支配地域を広げる。
皇帝に即位したちょうど一年後、1804年12月2日にオーストリアとロシアを撃破した「アウステルリッツの戦い」もそのひとつだ。
パリにあるフランスの象徴である凱旋門は、アウステルリッツの戦いの勝利を記念してつくられた。
このころがナポレオンの絶頂期。

そんな英雄も「ワーテルローの戦い」でイギリス・プロイセンの連合軍に完敗した後、セントヘレナ島へ流されそこでこの世を去る。

 

ナポレオンの戴冠式

 

英雄である彼のイメージや名誉はとても尊重されていた。
それでフランスでは、豚に「ナポレオン」と名づけることが法律で禁止されているのだ。

フロリダでは独身女性が日曜日にパラシュートで飛ぶことができない。
イギリスでは妊娠中の人なら、警官のヘルメットの中を含めて、公共の場所のどこでもオシッコをすることができる。
そんなワケワカラン法律と一緒に、豚の名前をナポレオンとするのはフランスでは違法行為になると、米CNNトラベルにある。

In France, it’s illegal to name a pig Napoleon. In Florida, single women can’t parachute on Sundays. And in England, you may urinate anywhere in public, including inside a policeman’s helmet, providing that you’re also pregnant.

World’s strangest laws

 

豚にナポレオンと名づけることは「不敬」になるという法律は、昔できたものを破棄していないだけで、いまでは特に意味は無いと思われる。
まあいまのフランスで、ナポレオンをそこまで神格化する雰囲気があるとはとても思えないが。

 

余談

2015年に大分県の高崎山自然動物園で、新しく生まれた猿に「シャーロット」という名前をつけたところ、イギリス王室のシャーロット王女と同じ名前は無礼だ!と抗議が殺到。
で、その名前は撤回された。
でも、イギリス王室の広報担当官が「猿にシャーロットとつけようがわれわれはまったく気にしていません」と話すなど、イギリスからの抗議は無かったため、再度「シャーロット」となる。
英王室からしたら、きっと大分の猿なんてどうでもいい。

 

 

【オーデコロン爆誕】フランス、ドイツ、イタリアの3要素

【地球は一つ】日本の天明大噴火、フランス革命の一因になる

蝗害とかいう地獄と、バッタを駆除した日本ならではの作戦

アイルランドと英国の歴史②ジャガイモ飢饉とアメリカ移民

キス文化の違い:ドイツ人とフランス人、社会主義者のキス

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。