【やっぱり自己中】韓国の考える韓日関係の改善策は?

 

まずは問答無用、天地も無用、2019年5月7日の韓国紙・中央日報の紙面を見てほしい。

 

ここ最近の韓日関係は過去最悪を維持するか、さらに下回っている状態だ。
これで損が大きいのはあちらさんだから、韓国側はかなりあせっている。
平成から令和になっても、韓国の“反日愛国”の体質が変わらない限り大きな変化は望めないのだけど、韓国は何かのきっかけで事態が「好転」することを期待しているのだ。
そんな都合のいいカミカゼは吹かないのに。

上のコラム「東アジアの未来、韓日の絆の再発見にかかる」もそのひとつ。
これを書いたのは鄭在貞(チョン・ジェジョン)というソウル市立大の名誉教授で、この人は、令和時代がスタートすると、短期的には韓日関係は悪化するとみている。

新天皇は1960年、安倍首相は1954年生まれで、「戦後初めて権威と権力がともに戦争を経験していない世代になった」と指摘し、これからの日本は「侵略戦争や植民地支配の負債意識から抜け出して」いくだろうと展望する。
これは当たっているけど間違いだ。
戦争が終わってもう74年が過ぎている。
これは幕末から昭和初期に相当する期間で、江戸時代の行為に昭和の人間が贖罪意識を持つ必要はない。
それにこの間、日本は韓国と話し合って、二度も「最終的な解決」を確認している。
だから日本はこれから抜け出していくのではなくて、すでに多くの人が過去に区切りをつけて前を向いているのだ。

でも、いまの韓国は正反対。
文政権の韓国は「内政だけでなく対日外交でも積弊の清算が猛威を振るう」という。
「積弊の清算」というのは誤った過去を正していくという正義の作業で、日本についていえば、慰安婦問題や徴用工問題で「真の解決」を目指すこと。
正義の側に立って悪を糾弾するから、「積弊の清算」はとても気持ちがいいのだけど、善悪の基準があまりに自己中心的だから、いまの日本はこの動きを基本的には無視している。

韓国と日本はすぐ隣にいるけど、視線の先は過去と未来でまったく違う。
だからコラムの筆者は韓日関係の改善については奇跡を期待するだけ。

わずかな希望だが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相が心機一転し、過去をめぐる葛藤の解決を模索して共同繁栄事業を推進すれば、関係改善の道は開かれるかもしれない。

「心機一転したら」なんて書いてるけど、そんな神風はアキラメロン。

 

でもこれは、さっきも書いたけど短期的な展望。
長い目で令和時代を見ると、韓日関係は良くなるという。
いま“敵対している”安倍首相も文大統領も3年後にはいなくなる。韓日でまったく別の人間がトップに立てば、対中国・米国・北朝鮮の観点で、お互いが「協力するのが有利だと判断し、お互い活用することになるだろう」と韓国の教授は分析する。
ということはつまり、「3年後に期待しよう(=あと3年間はあきらめよう)」ということか?

時代が変われば、安倍首相と文大統領が政権から退けば、日韓関係は変わるのだろうか?
こんな言葉を見る限り、その可能性は金沢の金箔より薄そう。

日本で令和時代が開幕したのをきっかけに韓国と日本が過去の懸案を賢く克服し、韓日関係の歴史を相互和解の観点で新たに確立することを望む。

 

「過去の懸案」については、1965年と2015年に日韓両政府が話し合ってすでに解決している。
「相互和解の観点で新たに確立することを望む」なんて書いているけど、いまの日韓関係は上の合意にもとづいて成立しているのだから、いまさら新しく確立するものはない。
だから大事なことは、韓日が「賢く克服し」じゃなくて約束を守り続けること。

でも、文大統領の「過去清算」に批判的なこの教授も、結局は過去にとらわれている。
「東アジアの未来は韓日関係にかかっている。だから韓日は仲良くしないといけない」と言うけど、その改善策を見ていくと、一周二周まわって結局は「過去の克服=日本の反省と謝罪」にいきつく。
日本はもうそんな議論にウンザリしているのに。
それに、さいきん中国が旭日旗を受け入れたように、いまの東アジアは過去を中心に動いていない。

「過去の懸案」は韓国が独力で克服するものだ。
これは韓国人の内側、意識の問題なのだから。
時代やトップが変わっても、自分たちを変えるという発想が出てこない限り、韓日関係は3年後もきっと変わらない。
他力本願から自力にシフトしないと。
韓国はズルをしているというより、楽をしている。
韓国が「脱・自己中」を図らなかったら、日本はもう付き合えない。

 

こちらの記事もいかがですか?

日本の“韓国併合”は不法か合法か?世界の意見を聞いてみよう。

韓国人の日本の文化への見方とは①小学校の歴史教科書から

恋愛事情にみる韓国人との違い①日本人の男は情けない!?

韓国の除夜の鐘①ソウルの普信閣・鍾路・明洞の観光(歴史)案内

過去に対する認識の違い:水に流す日本人と掘り起こす韓国人

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。