【いつもの日韓関係】懲りない日本、韓国に譲歩した結果は?

 

いまから一週間ほどまえ、よろこびを隠せないこの韓国紙・中央日報の報道(2019年05月23日)を見てかすかな不安をおぼえた。

日本の関係復元動きに韓国も肯定的対応を

過去最悪といわれる日韓関係を韓国はとても心配している。
という言い方は、正しいけど間違っている。
韓国が不安なのは日本による経済制裁であって、関係そのものではないから。
韓国は「痛み」さえ感じなければ、関係悪化はそれほどおそれていない。

でもいまは、徴用工訴訟の原告側が日本企業の財産の現金化を進めている。
自国企業の財産が不当に奪われたら、日本政府も黙ってはいられない。何らかの制裁に踏み切るだろう。
そうなってもらわないと困る。
この期に及んでも韓国に譲歩して「遺憾の意」で済ますなら、内閣は総辞職したほうがいい。

 

日本の制裁がカウントダウンに入ったことで、いま韓国はとてもあせっている。
だからなんとか日本との関係を改善させたいと思っているのだ。
でも、韓国には「自主規制」があって、自分から先にそれを言い出せない。
その理由は日本に対するプライドやメンツ、それに被害者感情もあるけど、すべてをひっくるめて言うなら、韓国はどうあっても韓国だから。

仲良くしたいのだけど、それをなんとか日本から言わせたい。日本から先に動いてもらいたい。
そんなかぐや様に配慮したのか、白銀(岩屋防衛大臣)が口を開いた。

日本の外交イニシアチブが突然活発になった。岩屋毅防衛相が韓国との関係を「元に戻したい」と話した提案を歓迎する。韓国海軍哨戒機のレーダー照射論争解決への糸口として生かすべきだ。

日本の関係復元動きに韓国も肯定的対応を

 

関係を復元したいのは経済制裁におびえる韓国だけど、日本がこの言葉を言うのを待っていた。
今回の勝負、韓国の勝ち。
「元に戻したい」と先に言わせたのだから。
日本から手を伸ばしたことを歓迎するこのコラムは、韓国政府も肯定的対応をするべきだと主張する。

ここにある「提案」とは、この一週間後にシンガポールで開かれる国際会議で岩屋防衛大臣が韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と会談することをさす。
きょねん12月、韓国海軍が自衛隊機に射撃用レーダーを照射したことが原因で、日本と韓国の防衛面での交流が事実上、ストップしている。
韓国側が事実を認めて一言謝罪したらこの件は終了だったのだけど、韓国は日本に頭を下げることができない。
韓国はどうしても韓国だから。
しまいには日本に対して、「自衛隊機が低空の威嚇飛行をした」といいがかりをつけて謝罪を要求する。
韓国側と話し合ってわかったことは、「いまの韓国とは話し合いで問題を解決することはできない」ということ。
だから日本はそれ以後、韓国を「無視」するようになった。

こういう背景があったから、韓国は「元に戻したい」という岩屋防衛相の言葉に飛びつく。
大臣のおやさしいこと。
韓国をよろこばす大臣の決定は、日本にとっていいことなのか?
ボクの感じた不安がこれだ。

でも日本の政府や防衛省も同じく心配になったのか、一度この話は流れてしまう。
日本は中国とは会談をおこなうけど、韓国とは「時期尚早」と判断した。
それで中央日報が恨めしそうな記事(2019年05月29日)を載せる。

日本、韓国とはしないのに…中国とは防衛相会談を推進

「私とは会わないのに、あの人と会うなんて…」というJKメンタル。
でもそれが功を奏したのか、直前で日本は韓国とも防衛会談をおこなうことにした。

さて日本が韓国に譲歩した結果はどうだったのか?

 

 

きのう6月1日、シンガポールで岩屋防衛大臣と鄭(チョン)国防相が30分ほど非公式で会談をおこなった。
日本の報道を見ると、勝者はかぐやだ。

TBSニュース(2019/0602)

日韓防衛相“レーダー照射”後初の非公式会談、問題を事実上棚上げ

このとき岩屋大臣はレーダー照射問題を持ち出したのだけど、韓国側から謝罪はもちろん、事実の認定すら拒否された。
「どちらかが譲って答えが出てくるのかというと、ちょっとそういう状況ではない」という理由で、結局韓国に譲歩する。
この問題は「棚上げ」となって、もう韓国側に説明や謝罪を求めることはしないという。
岩屋大臣は「未来志向の日韓防衛当局間の関係を作っていくため一歩前に踏み出したい」と強調。

韓国側は謝罪も事実認定もしないで、「未来志向の韓日関係」を手に入れることができた。
でも驚くことはない。
日韓関係は結局、いつもこんな感じなのだから。
問題が起きると韓国に時間かをかせがれて、そのうち日本が譲歩して問題は棚上げになる。

 

 

この会談を韓国の視点から見てみよう。
韓国紙・中央日報はこんな記事(2019年06月02日)を載せてやがりました。

哨戒機問題後初の韓日国防相会談…日本は謝罪の代わりに不満だけ話す

この国はどこまで強欲なのか。
さきほどの勝利では満足せず、日本批判を展開している。
「低空威嚇飛行の事実を認めなかった」と日本の不誠実を非難し、「日本が依然として哨戒機問題に対し責任はないという主張を繰り返している」ために、韓日関係の信頼は完全に回復していないという。

レーダー照射問題については、韓国の鄭(チョン)国防相が岩屋防衛相に「明白な事実無根であることを説明した」という。
さらに法を守っていた日本側に「国際法の順守を強調した」というのだから、面の皮の厚さはハンパない。
もうこれだけでボクの不安は的中だ。

もちろん、「未来志向の韓日関係」については鄭国防相も同意している。

それでも韓国は日本に対して2つ不満があるらしい。
まずひとつは、「今回の問題の原因を認めない日本が後からまた異なる話をしかねないという懸念の声も少なくない」ということ。
どの口がそれを…。
また韓国軍の関係者は、「最小でも遺憾水準で日本の立場を取り付けられなかったのは残念」と話したという。
これがタイトルの「日本は謝罪の代わりに不満だけ話す」になる。

でも待ちやがれ。
法を守って飛んでいた自衛隊機に韓国軍がレーダーを照射したのが今回の一件だ。
それなのに韓国は日本に謝罪をさせたかった。
最低でも日本に「遺憾」と言わせたかったのだけど、今回の会談ではそれすらできなかったことが「残念」だったという。
いつの間にか、被害者と加害者が入れ替わっている。

「日本からの関係復元の動きに韓国も肯定的対応を!」と言った結果、「日本は謝罪もしなかった」と文句を言う。

会談の結果を「残念」というのなら、日本のネットもまったく同感だ。

・おーい、いつの間にか日本が加害者になっとる
・ほらみろ。非公式でも会談をすれば、このように利用される。
・小野寺さん再登板でお願いします。
岩屋さんの対応は納得行きません。
・本当馬鹿げてる
こうやって歴代の政権が韓国を甘やかした
・ほーら、ちょうと譲歩するとこうなる

「韓国にもぜひお目にかかりたい」と岩屋防衛相が言いだして、日本が譲歩して会談をしたらこの結果だ。
日韓関係はいつもこんなんばっか。
今回の件で成果があったとしたら、今月おこなわれるG20で、安倍首相と文大統領の会談がなくなったことぐらいだ。
いまのままなら、首脳会談なんてできないだろう。
話をするたびに嫌韓・反日感情が高まるのだから、いまは距離を置いた方がいい。

 

おまけに書いておくと、「日本は韓国に対して譲歩してならない」ということはノンフィクション作家の門田隆将氏も書いている。
産経新聞の加藤前ソウル支局長が2014年、大統領の名誉をき損したということで、ソウル中央地検から在宅起訴された。
でも加藤前支局長はいろいろな圧迫に負けず、裁判で戦い続けた結果、無罪を勝ち取った。
その教訓から門田氏はこう提言する。

韓国のような国家に対して「譲歩」では何も生まれないことを日本人は知るべきだろう。それを「教えてくれた」という意味では、この裁判もそれなりの意義があったと言える。

韓国に「譲歩」では何も生まれないことを日本人は知るべきだ

 

韓国がいまのままなら、日本は「戦略的無視」を続ける方がいい。

ちなみにこのときは、いろいろな人が産経新聞の社長に「韓国に行って謝罪しろ」「韓国に行けないのなら、東京の韓国大使館に行って「遺憾」と言え」などと言ってきたという。

「この事件の過程で驚いたのは、意外なほど多数の日本側の政治家、元外交官、評論家というような人達が、産経新聞に対して『韓国側に謝罪の意を表明すべきだ』と持ちかけてきたことだった。

韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件

結局は無罪だったのだから、韓国側が間違っていたのに。

 

日韓の間でなにか問題が起こると、日本が韓国に譲歩するよう持ちかける日本人はむかしから大勢いる。
その延長にあるいまの日韓関係を見ると、その成功例は悲しいほど少ないだろう。
日本はいつになったら懲りるのか。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

BTS騒動、K-POPファンで対立。韓流ブームの終わりの始まり?

日本語と韓国語には似ている言葉が多い。その理由は?

旅㉞韓国人には難しい日本語の発音「ざ」と「つ」。あちゅい!

韓国のソウルを漢字で書けない理由:漢城?京都?首爾(首尔)?

日本語に似ている韓国語。その理由は幕末~太平洋戦争にあり。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。