反日は“建国精神”。韓国が日本にくり返し謝罪を求める理由

 

韓国はもう何十年もまえから、日本に「反省しろ」「謝罪しろ」と訴えている。
過去の歴史問題については、1965年の請求権協定と2015年の慰安婦合意で2回も「最終的な解決」を確認したのだけど、いまでも「真の謝罪」を要求する。

ついきのうもソウルの日本大使館前に約2500人が集まって、「強制徴用や植民地支配を謝罪しろ」と叫んでいた。

共同通信の記事(2019/8/3)

ソウルで安倍政権糾弾集会 謝罪、軍事協定破棄を要求

でも、それはもう1965年の日韓請求権協定で終わっている。

 

こうした反日デモには支持も共感もできないけど、謝罪を求め続ける持続力というか韓国人の粘りについては、あきれるほどすごいと思うこともある。
国民全体が何十年も求め続けるものというのが、日本では思い浮かばない。

韓国人の日本への見方や認識はどうやって形成されたのか?
もちろんそれは1つ2つではなく、さまざまな要因があるけど、ここでは「独立の手に入れ方」ということに焦点をしぼっていこうと思う。
これは韓国人の対日観に大きな影響をあたえたから。

「news-postseven」の記事で、元朝日新聞ソウル特派員の前川惠司氏が韓国の成り立ちについてこう話している。(2019.08.04)

「戦って勝ち取った独立ではなく、大国同士の思惑で生まれたという経緯があるので、もともと国としての体面にコンプレックスを抱いている。神話を史実にしたり、国力を少しでも大きく見せようとして誇張が加わるのはそのためです」

韓国のウリジナル文化 国家の成り立ちがコンプレックスに

 

ベトナム、ラオス、インドネシアなどかつてヨーロッパの植民地だった国に行くと、独立記念館があって、フランスやオランダと戦って自らの手で独立を達成したことをいまに伝えている。
ヨーロッパの国と戦う様子や独立指導者をたたえる写真などが多数展示されていて、主権を奪い返したことを誇らしく感じていることがよくわかる。

でも韓国にはこれがない。
前川氏が「戦って勝ち取った独立ではなく、大国同士の思惑で生まれた」と言ったように、韓国は日本と戦って独立を達成することができなかったのだ。
日本がアメリカに降伏したことで主権が戻ってくる。

独立が転がり込んできたことについては、ジャーナリストの池上彰氏もテレビ番組で話している。
ただこのとき池上氏は、「韓国は棚からぼた餅式にできた国」と表現してあとで韓国を怒らせた。
レコードチャイナの記事(2015年6月9日)

日韓関係の悪化や韓国の反日感情について言及した。その際、池上氏は「韓国は反日が建国の基本精神となっている」と紹介。
「韓国という国は、韓国人が自ら戦って独立したのではなく、日本が戦争に負けて朝鮮半島を手放した後にできた国だ。

「韓国は棚からぼた餅式にできた国」池上彰氏の発言に、韓国ネット「いろんな意味で傑作」「日本全体が劣等感に包まれている」

 

日本に勝って独立を奪い返したのではなくて、原爆投下で日本がアメリカに降伏したことで、棚からぼた餅が落ちてくるように独立を手に入れた。
「そのため、韓国人は劣等感を持つようになり、日本に対して反感を持つようになった」と池上氏は説明する。

ベトナムやインドネシアはフランスやオランダと戦って勝利し、独立を達成した。
いまベトナム人やインドネシア人はヨーロッパの国に何とも思っていないし、謝罪も求めない。勝者には余裕がある。
韓国が日本に対して、くり返し反省や謝罪、賠償を要求する理由には「自分で独立を達成できなかった」という無念がある。
サッカー韓日戦で異常に盛り上がる背景には、このときの「代理戦争」という意味があるはずだ。

前川氏は「国家の成り立ちがコンプレックス」と指摘し、池上氏は「そのため、韓国人は劣等感を持つようになり」と言う。
「韓国は反日が建国の基本精神となっている」とまで言い切るのはすごいと思うけど、いまの反日デモやジャパンボイコットなどを見ているとそれも納得。

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国の反日、東南アジアの反ヨーロッパ感情が違う理由(植民地)

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ②

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

カンボジア人ガイド「日本人と韓国人の違いは、見た目で分かる」

 

2 件のコメント

  • 言われてみれば。 韓国に対して日本は劣等感に包まれていると言っているし、自分たちは戦勝国だ言っているのですから敗戦国の日本に繰り返し謝罪や弁償を求めるのっておかしいですよね。
    平和の少女について作者のお二人の思いを読みました。 
    ベトナムで韓国軍が行ったことに対して謝罪と亡くなった方への慰霊をこめてベトナムピエタ像を作り済州島とベトナム戦争韓国兵慰霊塔の前に設置しているそうですが、ではなぜ謝罪も補償もしない韓国政府に対してベトナムにある韓国大使館前に「平和の少女」像を設置しようと声を上げないのか。 そこが謎です。

  • 精神勝利と現時的な勝利の違いでしょうね。
    「少女像」については単純に損得の問題ではないかと思いますよ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。