日米になれない日韓:韓国が日本に謝罪要求をつづけるワケ

 

先週の3日に、日韓フォーラムってのが開催されたらしい。
経済や安全保障の面を考えると、「日本と韓国はもはや仲良くなるしかない!」ということで双方の出席者が一致した。
戦後最悪と言われるいまの日韓関係でも、ここまではいつも同じ。でもそのための方法になると、両者の間にはマリアナ海溝より深い溝があらわれる。
このときは、民主党政権で外相(2010年~2011年)をしていた前原誠司議員がこう言い切った。

「韓国の方々にはっきり申し上げるが、この問題を解決するためには韓国側から先に解決策を提示しなければならない」

これは安倍、菅、そして現在の岸田政権までがずっと言い続けてきたことで、立場の違う野党(国民民主党)の議員も同じ主張をした。
ということはこれは日本の代表的な民意と考えていい。
韓国側にとっては重い意見だから、それを聞いて「暗澹とした気持ち」になったという韓国の記者はこう訴える。

ハンギョレ新聞のコラム(2021-12-06)

これまでいろいろな席で「何度も」強調してきたことだが、複雑に絡まりあった強制動員被害者の賠償問題を解こうとするなら、まず日本の“「被告企業”」が高齢の原告たちと向かい合って座り、不幸な歴史に対して率直に謝る姿を見せるべきだ。

韓日葛藤解決のための「提言」

 

日本の謝罪が大前提で、それさえあれば韓国側も動き出せるという。
といっても、後からそんなことを言い出さないように、元徴用工問題は1965年の請求権協定で、慰安婦問題は2015年の合意で、日韓両国が「最終的な解決」を確認したはずだ。
日本はそれぞれの合意で約束したことは、誠意をもってすでに行ったのだから、いまさら謝罪や賠償に応じることはできない。
韓国がまえに同意したことを今になってひっくり返しても、日本は何も応じられないのだ。
ネットの反応を見ても表現がラフなだけで、前原議員の主張と内容は基本的に変わらない。

・日韓基本条約と諸協定により解決してますよ。韓国政府がその時受け取った資金で、きちんと自国民への補償をしなかったのが問題ね。
・韓国が条約を守れば解決する問題
・すでに示談が終わっている問題なんですよ
・また謝罪しろ賠償しろか
・なんで解決済みなのに謝る必要があるんだ

 

韓国が日本に対して、過去問題の謝罪を求める声は何十年もまえからある。
慰安婦問題だけでも「これ以上はむりっ!」というほど頭を下げてきた日本にとって、最後のない、再度再度の要求には「またか‥」という疲労感がたまって、それが現在の嫌韓感情につながっている。

ここ30年、慰安婦問題だけで日本はこれほど韓国に謝罪した

日本が「いったいいつまで謝罪と反省をしろというのか」と反発すると、韓国側が怒り出すという負の連鎖は止まらない。
安倍首相が2015年の夏、先の大戦に関わりのない子孫やその先の世代には「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と言ったとき、韓国側はこう反発した。

朝鮮日報(2017/01/13)

韓国は日本の公式発表よりも、相次ぐ妄言に重きを置く。「妄言は公式謝罪に真摯(しんし)さがないという証拠」「被害者が許すまで謝罪をやめるな」ということだ。この堂々巡りが延々と続き、両国の政治家たちはそれを利用しようとしている。

【萬物相】「植民地支配、日本は韓国に謝罪したと思いますか?」

 

韓国では国と国が約束しても、被害者が「許さない」と言えば白紙に戻ってしまい、世論や政治家が「謝罪を続けろ」となる。
本来なら合意した以上、政府が責任をもって被害者を説得しなければいけないのに。
これからの子供たちに謝罪という宿命を背負わせたくない日本は当然、韓国の反発に反発するから、日韓の過去問題には終わりがない。

ちょうどきのうアメリカで80年前の真珠湾攻撃の式典が行われ、かつて敵国だった日本はいまは同盟国になったとバイデン大統領が話した。

真珠湾攻撃から80年:日米の友情を確認し、失敗からは学ぶ

オバマ元大統領も数年前、「かつての敵が、共通の利益と価値により団結する最も緊密な同盟国になったという和解の力を示す」と力強く言った。
日本とアメリカが原爆投下や真珠湾攻撃をめぐって謝罪や賠償を要求していたら、こんな和解は絶対に不可能。

過去とはどこかで区切りをつける必要がある。
それが両国の話し合いによる合意だから、一度約束したら、もう過去に戻ってはいけない。
といっても被害者が「許さない」と言ったら、すべてひっくり返るからエンドレスになる。
先ほどのハンギョレ新聞のコラムでも、「1965年の請求権協定で両国間の金銭問題が『完全かつ最終的に解決』されたとしても、」という文のあと日本に謝罪を要求している。
こんなふうに、「~としても」なんて言い出したらキリがない。
あの合意は「完全かつ最終的」なのだから、それ以上の続きはなくてそこでおしまい。ということになれば、日韓も日米関係のようになれるのでは?

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日韓関係の歴史を知ろう①戦後最悪からの改善:竹島→慰安婦

釜山の慰安婦像②日本政府の怒り!韓国人の反応・気持ちは?

日韓関係③慰安婦像問題の責任は?韓国政府?国民?釜山市?

日韓の慰安婦像問題④アメリカ「ねえ日本。僕もう、韓国に疲れたよ」

日韓の慰安婦問題⑤韓国とアメリカ(米韓関係)、朝鮮戦争の始まり。

慰安婦像問題⑥韓国にとってのアメリカとは(朝鮮戦争)?

 

1 個のコメント

  • 先の大戦に関わりのない(自国の)子孫やその先の世代には「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と言った 政治家と、
    「被害者が許すまで謝罪をやめるな」と要求せよ、恨み続けよ、と幼い子供たちにも教え込む政治家と、
    どちらが自国の将来のことを考えていると言えますかね・・・。
    後者は、単なる「年寄の繰り言」にしか私には見えません。それを押し付けられる子供・若者が気の毒だ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。